えっ、43歳で老眼!老眼と診断されるまでに起きた症状と検査【体験談】

えっ、43歳で老眼!老眼と診断されるまでに起きた症状と検査【体験談】

43歳を過ぎたころから目がかすむようになり物が見えにくくなりましたが、眼精疲労だと思い気にせずにいました。しかし、家族に老眼だと指摘されてから眼科に行き、実際に老視(老眼)だと診断されました。ここでは私が実際に経験した老眼の症状と病院で受けた老眼の検査についてお話しします。

眼精疲労と思い込んでいた時期

目がおかしいなと気が付いたのは、少し前に婦人科で軽度の更年期障害を診断されたあとに症状がかなりラクになり、以前のような生活に戻りつつあるときでした。今までの分も取り返そうと、躍起になって仕事や家事をする毎日。目が疲れているとは感じていましたが、「仕事だし1、2日休めば良くなるでしょう」くらいの軽い気持ちもあり気にしないようにしていました。

しかし曇りの日や夜間などの室内が暗いとき、物がかすんでいてよく見えないこともありました。それでも老眼とは60代くらいからなるのだろうと勝手に思い込んでいたため、自分が老眼だとは夢にも思いませんでした。

家族に指摘され初めて目の異変に気が付く

いつしかかすみ目で物がよく見えない状態も、私のなかでは当たり前になってきていました。そのうちに無意識ですが、字を読む場合にはスマホやプリントを離して読む癖が。夫から「とうとう君も老眼じゃないの」とからかわれたときには冗談だと思い、本気で笑い飛ばしていました。また、母が老眼鏡をかけ手元のパッチワークを縫っているのを見て、「老眼で大変ね」と本気で心配していたのもこのころです。

しかし、母の何気ない「あなたも老眼よ、だって目を細めたり字を読むときの表情なんて私とそっくりよ」と言われたことにより、自分の目は疲れ目ではないのかと初めて気が付きました。眼科のホームページなどを見ると、確かに40代から老眼が始まると書いてあります。今まで疲れ目だと勝手に思い、気にしていなかった加齢による視力の衰え。それが自分の目の前に既に迫っていたという事実は、更年期障害がやっと改善してきた私にとって新たな心配の種になっていました。

更年期障害で気付いた受診の大切さ

私は病院というものがもともと苦手でした。けれども更年期障害を経験し、病院で診断を受け治療をおこなった結果、うそのようにその症状が改善したことから病院を信頼するようになっていました。そこで眼科を受診することにしました。眼科では簡単な問診のあと、視力の測定、眼圧測定、細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)、近見視力検査をおこないました。検査の結果、何も異常がなく、「老視(老眼)」という診断が下されることに。

医師がおっしゃるには、老眼とは病気ではなく、水晶体と言われるカメラではピントを合わせる部分が加齢により硬くなりうまくピントが合わなくなるため、目がぼやけたり、かすんだりするそうです。医師の診断と説明を聞いてから老眼鏡を買いに行きました。老眼鏡もかなりオシャレなものもあり、種類も豊富なので今ではファッションの一部として気に入っています。

まとめ

夫や母に指摘されるまで、自分が老眼だとはまったく思っていませんでした。目のかすみや部屋が暗くなると物が見えなくなるのは、すべて眼精疲労のせいだと思い込んでいた私。医師の診断により老眼だと指摘されるまでは、40代で老眼になることは考えてもいませんでした。老眼により目がかすむのは時々つらいですが、今は老眼鏡もさまざまなデザインや色のものが多く、手ごろな価格で手に入るため、自分的にはオシャレの一部として定着しています。老眼は改善しませんが前向きに老眼鏡選びなどを楽しみ、うまく付き合っていこうと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

目のお悩みカテゴリの最新記事