仕事と家事だけじゃない!アラフィフの今こそ、生活に遊びを!【体験談】

仕事と家事だけじゃない!アラフィフの今こそ、生活に遊びを!【体験談】

子どもが独立してからは夫と2人暮らし。今まで仕事、家事、母親業で手いっぱいでした。だから遊ぶといえば家族でどこかに行ったり、たまに友だちと会ったりする程度。でも、これからはもっと遊んでもいいはずだと気付きました。そして慣れていなかった遊びをじょうずに取り入れて、今はメリハリのある毎日を送っているという体験談です。

仕事と家事の毎日に遊びを取り入れる

今までアクセサリーを作る仕事をしながら家事と母親業を両立してきましたが、子どもが独立した今は時間にもお財布にも少しゆとりができるようになり、昔から憧れていたアロマオイルを取り入れた生活を楽しむようになりました。それでも、もう少しメリハリが欲しいと感じるようになっていたのです。

あるときテレビドラマを見ていて、「主婦だって遊ぶことが必要なの」というフレーズを聞いてハッとしました。「遊ぶ」と「主婦」という言葉が私の中ではスムーズにつながらなかったのです。私は今まで、主婦は仕事、家事、子育て、息抜きの趣味を持っていればいいと思っていました。

でも、そのフレーズを聞いたときに主婦も遊んでも良いのではないだろうか、今こそ遊ぶ時期が到来したのかもしれないと感じたのです。もちろん今までも年に数回の家族旅行や、たまには友だちと1日中おしゃべりをすることもありました。でも、少しだけ自由な時間とお小づかいが使えるようになったアラフィフの今だからこそできる遊びがもっとあるように思ったのです。

もっと遊びたいけど遊び方がわからない私  

遊びたいと言っても、遊び慣れていない私はどのように遊んだらいいかわからないし、そんなにお金のかかる遊びをする気はないし……。そうなると今の生活のなかに遊びをじょうずに取り入れるにはどうしたらいいのか、何をして遊ぼうかなどいろいろと悩むことに。やはり遊ぶということに私はどこか抵抗があり、遊びたい半面、遊びは身を亡ぼすというようなイメージがありました。そのため、とにかく遊びに溺れてはいけないと思ったのです。

そこでいろいろ考えた結果、だらだらと遊ぶのではなく、まず1週間に1回のルーティンとして遊びの時間を作ろうと考えました。そして、その1日は何をしようかと考えると、ショッピングや友だちとのおしゃべりは今までもしているし、特に遊びたいことはというとなかなか浮かびません。

そんな柔軟性のなさに自分自身驚きながらもいろいろ考えたところ、昔から映画が好きで1週間に1回は映画を見ていた時代もあったのに全然見に行ってないと気付いたのです。結婚してからは休日のたびに夫婦で映画に行くということもなくなり、子どもができてから見に行く映画は『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』です。考えてみたら随分我慢してきたなと思えてきました。そこで、私は今だからこそしてみたい遊びを映画鑑賞に絞り、それを1週間に1回のルーティンにすることにしたのです。

遊びのルーティンを作ってみた

自宅の近くのシネマでは、毎週月曜日は通常1,800円の料金が1,100円になる割引デーだったので、毎週月曜日は仕事を一切やめて、必ず映画を見に行くことにしました。そして、映画を見たあとはゆっくりお茶を飲んで自分の時間を楽しむことに。最初はひとりで遊ぼうと思っていましたが、その話を聞いた友だちもその意見に大賛成。一緒に遊びのルーティンをしてみることにしました。

 それからは必ず月曜日になると、午前中に映画を見たときはそのあとにランチを楽しみ、また午後から映画を見に行ったときはそのあとにお茶を飲んでおしゃべりを楽しみ、帰りに夕食の食材を購入して帰るようになりました。このようなルーティンを繰り返して、毎週いろいろな映画を見ているうちに映画の楽しさがよみがえってきました。

 そして、だんだん映画にこだわらず美術館に行ってみたり、神社回りをしてみたり、そのときに応じていろいろな遊びを楽しめるようになりました。ただ1週間に1回、できるだけ月曜日というところを崩さないことが生活にメリハリをつけるためにとても効果的でした。今ではこんな遊びのルーティンに同感した仲間が増え、毎回2~4人で遊んでいます。

まとめ

今考えると、子どもが成長していくタイミングで、少しずつ時間や気持ちに余裕が持てるようになってきました。特に子どもの独立によって今までにないゆとりができたことから、人生を楽しく有意義に過ごすためにも今だからできる遊びをしようと思いました。

 しかし、いざとなるとどのような遊びをしたら良いか柔軟に考えられませんでしたが、今はじょうずに遊ぶことができるようになり、メリハリのある毎日を過ごしています。遊びで弾けていた10代、遊びをぐっと抑えていた子育て時代。そして、今アラフィフだからこそできる遊びを思い切り楽しんでいこうと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事