「突然、目に異変が!」視界にポツンと現れた黒い点、私の目に一体何が起きたの?【体験談】

「突然、目に異変が!」視界にポツンと現れた黒い点、私の目に一体何が起きたの?【体験談】

人間には、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚からなる五感というものがありますが、これら五感から人間はたくさんの情報を取得しているのだそうです。ある本によると、五感のなかでも特に「視覚」から得る情報が全体の約8割を占めているのだとか。そんな重要な役割を果たしている目も、年齢とともに衰えてきます。見えにくくなるとか、見え方に異変があるとか、本人しか自覚できない衰えも多いと思うのです。

ある日突然、目に異変が…!

私の場合、目の加齢を感じる一つが飛蚊症でした。40代半ばを過ぎたころ、ある日突然、視界の中にポツンと黒い点が登場。最初は「ごみかな? 虫かな?」と思ったのですが、その黒い点は邪魔なのにいくら払っても、いなくなってくれないのです。これはおかしい……。それまで目の不調を感じたことのなかった私にとっては青天の霹靂。「いったい私の体に何が起きたんだろう?」と不安にさいなまれました。

それを飛蚊症だと知ったのはネットで調べてわかったこと。また多くの人たちがその症状で悩まされていることも知りました。「自分だけではなかったんだ!」とホッとしたのですが、ネットでさらに調べると、単なる加齢ではなく病気の症状の場合もあるという記事を発見。ホッとした気持ちもつかの間、「病気の場合もあるのか……」とまたもや不安な気持ちが渦巻きだし、「どうしよう、どうしよう」としばし動揺しました。

加齢か?病気か?意を決して受診

普段はついつい「自分は健康!大丈夫!」と根拠のない自信で、都合の悪いことがあると見て見ぬふりをしてしまう私。でも今回ばかりは、実際に病院で目の健康状態を確認してもらうべきだと感じ、早速、お休みの日に病院に行きました。40代後半は、何かと体にガタが出てくるお年ごろ。周りの友だちもさまざまな不調があると口々に言っています。私も他人事ではないなあと実感。何か気になる症状が出てきたときに、加齢によるものなのか、病気によるものなのかをはっきりさせることは大切ですよね。今回は病院の検査で幸い加齢によるものだとの診断だったので、心底ホッとしました。

病院からは「特に何もしなくてもいい」とのことでしたが、これを機に少しでも目に良いことをしようと思い立ち、病院帰りに本屋に立ち寄り、健康雑誌を買いあさりました。今まではあまり気に留めて読んでいませんでしたが、目の健康を保つための特集がたくさんあること、また不安に思っている人もとても多いことを改めて実感しました。

日ごろからの目のケアが大切

健康雑誌の情報をもとに、ドラッグストアでルテイン入り健康食品を買ってみました。ルテインは緑黄色野菜に多く含まれ、目の病気にかかる割合が低くなると言われています。また視界のぼやけを解消する効果があるとか。ほかに目の疲れを取るツボを押したり、パソコンや携帯電話から意識的に離れるように心がけました。

やってみて気持ちよかったのが、目を温めるマスクとツボ押し。マスクは病みつきになりそうなくらいの心地良さ! 目の上に乗せると、熱すぎずポカポカと心地良い温度が持続し、その温かさが目をしっかりと包み込むような感覚なのです。ツボ押しは本の解説を読みながら、目の周りや眉毛付近のツボを指の腹でソフトに押しました。これはパソコンの使用したあとや本を読んだあとが効果てきめん。疲れが取れます。

またルテインに関しては、人にもよると思いますが、私の場合は目の疲れが軽減したように感じました。パソコン、携帯電話に関しては使わない時間があると目の負担を減らすだけでなく、頭の中もクリアになって集中力がアップしたように思います。これまで携帯電話を触る回数がとても多かったので、それを減らしたことで、夕方の目の見えにくさが減りました。

まとめ

今後も目に良いと言われるサプリをとりつつ、目を休めることを意識したいと思います。仕事柄、どうしてもパソコンや携帯電話から離れにくいですが、1時間に5分休憩しただけでも、目の疲れ具合が全然違ってくるんです。たったこれだけのことで快適に過ごせるのであれば、これからも続けていきたいなと感じます。さらに寝る前の目のツボ押し、目を温めるマスクは安らぎの時間となりつつあるので、今後も続けようと思っています。日ごろから目の健康を意識することが大切。目の健康を保ってたくさんの情報を吸収して若々しく過ごしたいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

監修/粒来 拓先生(よしかた産婦人科分院 綱島女性クリニック院長)

★関連記事:目がズキズキ、頭痛や肩凝りも…つらい目の疲れと痛みがスッキリした毎朝の習慣【体験談】

★関連記事:「え? 緑内障の疑い!?」検査を受けたら意外な結果が…【体験談】

★ウーマンカレンダー目のお悩み記事をもっと読む

あるある!と思わず共感&読めば心が軽くなる!!大人気マンガ連載中!

大人気マンガ連載中 大人気マンガ連載中
  • 腎がんの記録をつづる
    43歳で腎がんになった話
    3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガ連載「43歳で腎がんになった話」
    マメ子 さん
  • 孫ラブおばちゃん
    五十路日和
    夫と2人暮らし。3児の母で、6歳の孫を溺愛中のおーちゃんさんによる50代の日常をつづるマンガ連載「五十路日和」
    おーちゃん さん
  • 日々、老化を実感中!
    熟女系
    物忘れがひどくなってきた40代熟女のフワリーさんによるマンガ連載「熟女系」
    フワリー さん
  • ステキなおばあちゃんを目指す!
    ときめけ!BBA塾
    マンガ家・イラストレーターの和田フミ江さんがステキなおばあちゃんを目指すマンガ連載「ときめけ!BBA塾(ばばあじゅく)」
    和田フミ江 さん
  • クスッと笑えるアラフィフのリアル
    アラフィフの日常
    イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんによる、アラフィフ女子の日常についてのマンガ連載「アラフィフの日常」
    フカザワナオコ さん
  • アラフィフ母の日常
    生まれて半世紀
    気付けば生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさんによる連載マンガ「生まれて半世紀」
    月野まる さん
  • 若いころとのギャップが!
    アラフォー絵日記
    アラフォーとなり20代、30代との違いを実感する日々をつづったマンガ連載「アラフォー絵日記」
    村澤綾香 さん
  • アラフィフの身に起こること
    アラフィフ雑記帳
    アラフィフ母の身に起こる日常を絵日記にして紹介するマンガ連載「アラフィフ雑記帳」
    フィフママ さん
  • ポンコツな40代の日常
    40代ポンコツ街道
    ブロガー時々イラストレーターの中村こてつさんによる、加齢で加速するポンコツな日常を描く連載マンガ「40代ポンコツ街道」
    中村こてつ さん
  • 更年期のもろもろをゆる~くつづる
    脱力系ゆる更年期日記
    更年期イラストレーターのやましたともこさんによる、更年期のもろもろをゆる~くつづったマンガ連載「脱力系ゆる更年期日記」
    やましたともこ さん
  • くそ地味だけどハッピーな日々
    くそ地味系40代独身女子
    30代半ばで離婚して実家に出戻りした、40代独身マンガ家の大日野カルコさんによるマンガ連載「くそ地味系40代独身女子」
    大日野カルコ さん
  • アラフォーならではのあるある!
    アラフォー店長のつぶやき
    雑貨店で店長として働くオムニウッチーさんがつづるアラフォー女子ならではのあるあるマンガ連載「アラフォー店長のつぶやき」
    オムニウッチー さん
  • 36歳でチアダンス講師に!
    44歳チアリーダー
    イラストレーターであり、チアダンスの講師でもあるサトウユカさんによる元気になるマンガ連載「44歳チアリーダー!」
    サトウユカ さん
  • こじらせ女子がアラフォー婚
    アラフォー女子が10年ぶりに恋をした
    エッセイマンガ家のかとひとさん。恋愛こじらせアラフォー女子のかとひとさんが結婚するまでのマンガ連載。
    かとひと さん
  • 彼氏なし!アラフォー独身女子
    アラフォーオタク女子
    自称、永遠の中二病オタク、彼氏なしのアラフォー独身女子のコメコパンさんによるマンガ連載「アラフォーオタク女子」
    コメコパン さん
  • 体のあちこち気になるお年ごろ
    ナナイロのアラフォー
    体のあちこちが気になるようになってきたイラストレーターのナナイロペリカンさんによるマンガ連載「ナナイロのアラフォー」
    ナナイロペリカン さん
  • アラフォーならではのアレコレ
    アラフォーだもの
    体力の衰えがシャレにならないエッセイマンガ家&イラストレーターの小豆だるまさんがつづるマンガ連載「アラフォーだもの」
    小豆だるま さん
  • 40代の日々をつづる
    40代ダイアリー
    13歳&9歳子鉄兄弟の母で、日々のささいなできごとなどをマンガにしている山田黒蜜さんのマンガ連載「40代ダイアリ
    山田黒蜜 さん

目のお悩みカテゴリの最新記事