冷え対策で購入した布製ショーツライナーが予想以上に快適! 【体験談】

冷え対策で購入した布製ショーツライナーが予想以上に快適! 【体験談】

40代に入り、若いときには感じたことのなかった体の冷えに悩むようになりました。日ごろからできるだけ体を冷やさないように対策をしていたところ、“冷えから女性の体を守る”という布製のショーツライナー「ヒエトリパット」の存在を知りました。実際に使用してみると、冷え対策以外にもさまざまなメリットがありました。

夏も冬も冷えに悩むなかで出合った「ヒエトリパット」

年齢を重ねていくうちに、冷えや寒さに敏感になり、なるべく体を冷やさない服装を心がけるようになりました。20代のころは、冬に首元が大きく開いたセーターを着てもひざ丈スカートをはいても冷えや寒さで震えることはなく、ファッションを楽しんでいました。

しかし、40代となった今は、ファッション性より冷え・寒さ対策を重視して服を選ぶように。冬はとにかく首が出ていると寒いので毎日ハイネックを着ていますし、下半身も厚手のボトムスやタイツで完全防寒しています。夏は長時間エアコンの効いた場所にいると凍えて体調を崩すことがあるほどなので、真夏でも薄手の羽織りものが必需品です。

クーラーによる冷えから守ってくれる!

そんななか、今治タオルの店で“女性の冷え対策に有効”という商品説明が添えられた布製ショーツライナー「ヒエトリパット」が目に留まりました。1枚3,000円ほどと少々値は張りますが、効果があるのならば使ってみたいと購入を決断。かわいい柄がたくさんあるためどれにしようかとても悩みましたが、とりあえず洗い替え分だけ購入しようと思い、柄違いで2枚選びました。

以来、毎日「ヒエトリパット」を使っています。お風呂上がりの火照った体で装着しても、タオル素材でできているため蒸れを感じることはありません。まるでフタをして熱を閉じ込めているかのように、ほんのりポカポカした温かさが長時間続きます。特に、服装自体が薄着になる夏に「ヒエトリパット」のありがたみをしみじみと感じています。厚手のボトムスやタイツで防寒している冬と違って、夏は薄い綿や麻などの風通しが良くて涼しい素材のボトムスをはくことの多い私。外を歩いているときはそれで良いのですが、エアコンの効いた室内に長時間いると逆に冷えてしまってつらく感じていました。上半身ならカーディガンを羽織るなどさっと対策ができるのですが、下半身はそうもいきません。冷えているなと感じてもいつも我慢していました。

そんな状況が「ヒエトリパット」によって変わったのです。クーラーが効いた部屋の中では「ヒエトリパット」がバリアとなって冷気を防いでくれます。ほんのりやさしい温かさで下半身を守ってくれる「ヒエトリパット」のおかげで、夏の室内でも安心して過ごせるようになりました。

布製ショーツライナーでストレスフリーに

「ヒエトリパット」の良さはほかにもあります。私は「ヒエトリパット」に出合うまでは、おりもの対策として紙製のショーツライナーを使用していたのですが、いつの間にかよれてきたり、なんとなく肌触りが悪かったりと、付け心地がイマイチなときがありました。また、暑い季節は蒸れることもあって不快に感じるときもありました。

しかし、「ヒエトリパット」を使うようになってからは、そのような悩みがすっきり解消。表地はオーガニックコットン100%の今治タオル地で、裏地は綿100%のガーゼで作られた「ヒエトリパット」は、とても柔らかくてやさしい肌触りですし、通気性も良いため蒸れにくいのです。また、ショーツを包むようにしてボタンでしっかり留めるのでよれることもなく、とても気持ち良く過ごせています。おまけに、タオル地が無漂白で自然な茶色の商品を選んだため、汚れが目立ちにくいこともありがたいです。

まとめ

少しでも体を温めることができるといいなという軽い気持ちから購入した「ヒエトリパット」でしたが、温かさを保てる以外にも蒸れにくさや肌触りの良さなど今までのショーツライナーにはない快適さを感じることができました。この先、まだまだ長い時間、冷えと付き合っていくことになると思います。運動や食生活などによる冷え性改善をおこなうとともに、対策の1つとして「ヒエトリパット」をこれからも愛用していこうと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事