顔のシミは「老人性色素斑」!まだまだ老人とは言わせない【体験談】

両頬にできたシミ。よくある肝斑かな?と思い皮膚科を受診すると、「老人性色素班」とのこと。いかにもおばさんという感じがするその病名にショックを受けました。シミを消したい、若々しくなりたいと思い、化粧品やお茶などで美肌を目指してあれこれ試した私の体験談を紹介します。

肝斑じゃないの?老人性色素斑って何?

両頬のシミに気付いたのは約1年前、42歳のときです。コンシーラーでは隠し切れないシミをどうにかしたいと思い、シミ対策用のアイテムを探しに化粧品コーナーへ行きました。すると「肝斑(かんぱん)」という言葉が目に留まりました。よく調べてみると、肝斑は左右対称に同じくらいの大きさででき、40代に多いシミであることがわかりました。「もしや、私のシミは肝斑?」と思うようになりました。

その後、友人からのすすめもあり、43歳で皮膚科を受診しました。すると気になっていたシミは「肝斑」ではなく「老人性色素班」で、シミの中で最も代表的なもので年齢を重ねるにつれ濃くなるものだと言われました。原因は今まで浴びてきた紫外線の蓄積とのことです。一年中日焼け止めは塗っているのになぜ……。しかも「老人」という衝撃的な言葉に気分がどんよりしました。

皮膚科では薬は処方されず、治療方法はレーザーかハイドロキノン配合の外用剤がシミを和らげると聞きました。そこで、手軽に試せるハイドロキノン配合のスティック(「セルニュープラスDR HQスティッククリア」3,000円/常盤薬品)を皮膚科の受け付けで購入しました。

シミ対策はできることからチャレンジ!

ハイドロキノン配合のスティックを試しつつ、夫がタイ出張の際、同行者の奥さんからすすめられたホワイトニングクリーム(「Whitening Q10 Sleeping Mask MILK PLUS Bright and White 」)も一緒に使用しました。使い方は寝る前に化粧水と乳液で肌を整え、ホワイトニングクリームを塗り、最後にスティックをシミの上に塗ります。スティックなのか、それともホワイトニングクリームによるものなのか定かではありませんが、くすみがちだった肌が明るくなりました。しかし、2カ月続けてもシミには変化がありません。

そこで、外側からだけではなく内側からもケアをしようと思い、ネット検索をしていると「黒豆茶が美白に良い」という情報がありました。偶然にもそのとき、母のすすめでダイエット茶を飲んでいました。パッケージを見ると黒豆茶が含まれており、これを飲み続けたらシミにも良いのではと期待が高まりました。4カ月後、少しシミが薄くなったような気がしました。しかし、ダイエット茶は高価な上、毎日飲むのが面倒でやめてしまったのです。すると、再びシミが気になるようになりました。

テレビで紹介された美肌術をまねてみる!

ふとテレビをつけていたら、『美的GRAND』編集長である天野佳代子さんが出演していました。彼女は「奇跡の62歳」と言われるほど透明感のある美しい肌を持ち、あこがれの存在です。その番組では、自分が実践している美肌術を伝授していました。天野さんによると「スキンケアは朝に時間をかける」「お風呂で洗顔するときにはシャワーを当てながら頬をたたく」「とにかく加湿と保湿をする」というものでした。

そこで、私も天野さんの美肌術をまねすることにしました。具体的には、洗顔に時間をかけ、シャワーを顔に当てつつ頬をたたきます。そして、上を向きながら手で顔を包み込むように化粧水や乳液を浸透させていきます。化粧品は今までどおりで「トランシーノ」を使用しています。そこに、タイのホワイトニングクリームと皮膚科で購入したスティックをプラスしています。

まとめ

まだ、テレビの美肌術は始めたばかり。シミが薄くなるのかどうか、わかりません。しかし、自分でできることからチャレンジして、あきらめずにシミ対策を続けたいと思います。また、今までは睡眠時間が4時間程度と常に睡眠不足だったため、これをきっかけに生活習慣も見直したいです。毎日が楽しくなるようなキレイなアラフィフを目指し、日々努力したいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事