日焼け止めクリームを塗るだけじゃない!体の中からも紫外線対策【体験談】

日焼け止めクリームを塗るだけじゃない!体の中からも紫外線対策【体験談】

40歳を過ぎると日焼け止めクリームを塗っていてもシミやソバカスだらけになることも。「塗る」だけではない方法で日焼け止めをする編集長・二階堂美和(47歳)の紫外線対策を紹介します。

ズボラな私にぴったり!体の中から日焼け予防

スキー、スノボ、ゴルフ、夏フェス……、1年を通して外で過ごすことが多い私。日焼けはシミやソバカスだけでなく皮膚の老化を早めると言われているので、皮膚に「日焼け止めクリーム」を塗るだけでなく、日焼け予防に効果的なサプリを飲んで、体の外と中から対策をしています。

日焼け止めクリームは2~3時間に1回塗り直す必要がありますが、ズボラな私には無理な話。「飲む日焼け止め」ならクリームを塗り直す手間がなく、日焼け止め効果が得られるので私にぴったりな方法と言えます。

日焼け予防だけではなく風邪予防にもなるビタミンCを摂取

1日中、外にいて紫外線を浴びた日に飲んでいるのが美白効果のあるビタミンCを配合している「リポスフェリック ビタミンC」。1包で1,000mgのビタミンCを摂取でき、吸収率が良いのが特徴です。

このビタミンCは袋に入ったゼリー状のタイプなのでツルっとそのまま飲んでもいいのですが、少し苦みがあるので水と一緒に飲むと飲みやすいです。ビタミンCなので日焼け止めのほかにも風邪を予防する効果があるのか、これを飲み始めてから風邪をひかなくなりました。疲れがひどい日にも飲むようにしています。
 
「リポスフェリック ビタミンC」(30包・3,690円)

外出する30分前に1粒飲むサプリ

もう1つ、日焼け止め対策として飲んでいるのが、美容皮膚科の先生にすすめられた「ヘリオケア ウルトラDカプセル」。「飲む日焼け止め」として有名なサプリです。

真夏の炎天下の日の外出時は「ヘリオケア ウルトラDカプセル」+日焼け止めクリームで徹底的にガードしています。このサプリは4時間だけしか持続しないので、外出する30分前に飲んだら4時間おきに飲むようにしています。値段はちょっと高く感じるかもしれないですが、ワンシーズン持つのでコスパは良いかなと思います。

「ヘリオケア ウルトラDカプセル」(30粒入・6,264円)

まとめ

日焼け止め対策というと肌に「塗る」方法を思い浮かべがちですが、飲む方法もあります。日焼け止めクリームは汗で落ちて塗り直す必要があったり、ベタベタしたりするけれど、「飲む日焼け止め」サプリは飲むだけなのでどこでも持ち歩けて便利。これからはより一層、体の外と中から日焼け止め対策をして、肌を守っていきたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事