ショック!血管の浮き出た手に!ハンドべインが改善した方法とは【体験談】

ショック!血管の浮き出た手に!ハンドべインが改善した方法とは【体験談】

あるとき、娘が私の手元を見ながら「ねぇ、ママの手って、こんなにゴツゴツしてたっけ? なんか男の人の手みたいだね」とつぶやきました。「え?」と思って自分の手を見ると、血管が浮き出て筋張っています。若いころは甲にえくぼができるほどふくよかで女性らしかった私の手。それが50歳を過ぎたら、ゴツゴツと筋張った男性のような手になってしまうなんて……大ショックでした。

手の甲のゴツゴツは「ハンドベイン」

娘に言われて改めて自分の手と腕を見ると、血管は手の甲からひじにかけて全体的に浮き出ています。なぜこのような状態になるのかをネットで調べてみたら、加齢、遺伝・体質、腕の筋肉量の増加、皮下脂肪量の減少が原因として挙げられていました。なかでも加齢によるものが多いらしく、年を取ることで弾力が低下した静脈の血管が拡張して太くなり、浮き出やすくなるのだとか。

この症状は「ハンドベイン」と言われていて、根本から治すには専門のクリニックでレーザー治療を受けたりヒアルロン酸を注入したりする以外に方法はないようでした。日帰りで簡単に、しかも半永久的に消えるらしいので、私も最初はクリニックに行こうと思いました。でも、仮にレーザー治療を受けるとして、手の甲だけでも最低10万円、腕まで治療すると15万円(いずれも片手の費用)はかかります。私にはとても手が出ない金額なので、クリニックでの治療はあきらめることにしました。

大切なのは手の乾燥を防ぐこと

さらにネット検索を続けた結果、セルフケアで手の皮膚に張りを与えれば、「ハンドベイン」を根本から治すことはできなくても改善に導くことはできるとわかりました。そこで私は思い付く限りのハンドケアを実施することに。

私には10年程前からおこなっているハンドケアがあります。テレビ番組で見た「ハンドクリームをたっぷりと塗って薄い布手袋をはめた上にゴム手袋をしてから、60度のお湯で洗い物をする」という方法です。おかげで洗い物のせいで手が荒れることは防げていると思うのですが、その一方で調理中の作業はすべて素手でおこなっていました。

ハンドベイン改善という目標ができた今、洗い物だけでなく調理をするときにも対策をする必要があると思った私は、カフェを経営する友人から教わった「手にぴったりフィットするタイプの使い捨てビニール手袋をして調理する」という方法を試してみることにしました。こうすることで、手の水分が逃げるのを防いでくれるのだそうです。調理のあとにビニール手袋を外したら、手がしっとり……。「たしかにこの方法なら手の保湿になるかも!」とうれしくなり、しばらく続けていくことに決めました。

顔と同じスキンケア&マッサージが効果抜群!!

入浴後、顔のお手入れをする際にもハンドケアをプラス。ローションと乳液を顔だけでなく手にもたっぷり付けるようにしました。さらにその上からドラッグストアで買ったハンドクリームを塗り、YouTubeで紹介されていた方法でマッサージ。両手で約8分かけてマッサージをすると、終わった直後は驚くほど張りが出て、手が一気に若返った感じでした。時間がたつにつれて張りは消えていきますが、セルフケアを続けているうちに少しずつ張りの持続時間が長くなってきたように思います。

さらに就寝前にはホホバオイルでケア。オイルを1滴を手のひらに取り、もう片方の手にやさしく塗り込むようにしたら、手が潤って朝までしっとりしていました。私はわずらわしくて無理でしたが、手袋をして就寝するとさらに効果はアップするようです。手のケアを始めて約3カ月。さすがに20代の手とまではいかないものの、以前の血管が浮き出てゴツゴツした状態が緩和されてきたのを感じています。

まとめ

現在、新型コロナウイルスの影響で手洗いをする回数も増え、アルコール消毒で手の水分が奪われやすい状況にはありますが、こまめにハンドクリームを塗ったり、入浴後のケアのときに使い終わった顔用のシートパックを手に被せて軽くパックをしたりもしています。ケアを徹底する前は、指はシワシワ、甲はゴツゴツ、おまけに血管が浮き出た男性のような手だったので、ネイルや指輪も似合いませんでした。でも、今はこまめに潤いを保つようにしているので、娘にも「ママ、ネイルが似合う手になってきたね」と言われました。これからもハンドケアを頑張って続けて女性らしい手を目指していきたいと思います!

 ※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事