髪の長さ問題!40代からはロングよりショート? #40代からの髪型 2

髪の長さ問題!40代からはロングよりショート? #40代からの髪型 2

こんにちは、アラフィフヘアメイクの辻有見子です。40代からの髪型についてお届けする連載「40代からの髪型」を担当します。この連載では、オトナ女子が悩みがちな「髪質や髪型」についてお伝えします。

40代を超えると急にショートカットの方が増えますよね。そんななかでも私の周りのおしゃれな40代の方々は、ショートやミディアム、ロング、さまざまなヘアスタイルを楽しんでいます。そこでオトナ女子の方々の髪のお悩みを解決しつつ、すてきに見えるヘアスタイルを提案していきたいと思います。

今までの髪型が似合わない理由

オトナ女子のお悩みのNo.1は、なんといっても「髪にボリュームがなくなってきた」ということです。なぜ、ボリュームがなくなるのか。年齢を重ねると血流の悪化によって髪の毛の製造が不安定になり、1本1本が細くなったり、うねったりするようになってきます。1つの毛穴から生えてくる髪の毛の本数も減る上に、白髪も出てきて全体的にまとまりがなくツヤがなくなってきてしまいます。

そんなダメージヘアに白髪染めをして、パーマをかけることによって、さらにパサパサに。パサパサに耐えられなくなって髪を短くするという方のお話をとてもよく聞きます。若いころと髪質が変わってくる以上、今までと同じ髪型やお手入れでは、きれいな状態を保てなくなってくるのは当然ですね。

忙しいオトナ女子はライフスタイルに合ったものも考えたいですね。では、どんなところに気を付けて自分に似合うヘアスタイルを考えれば良いのでしょうか。美容室に行ったときだけでなく、アレンジのプロであるヘアメイクの視点で、日々のお手入れと髪型を考えていきます。

ボリュームアップにはショートヘアがベスト

ショートヘアの魅力は、なんといっても洗ってもすぐに乾くことと、ボリュームが出やすいことです。私のおすすめは少し長さを出した動きのあるショートヘアです。動きをつけることで若々しく見えます。

ただ、ここで1点。「前の晩にシャンプーして自然乾燥して終わり」というおしゃれさんを私は見たことがありません。ショートカットでおば見えしている方は、ほとんどがカットやパーマをしたまま何もケアをしていません。アレンジをする上で理想的なのは朝洗うことですが、日々忙しいオトナ女子にはなかなか難しいですよね。私はお仕事でショートの方をアレンジするときは、必ず水スプレーで髪の根元を濡らしてからドライヤーで乾かします。そうしないと髪のうねりや癖がついたままでアレンジがしづらいからです。

ショートカットの場合は最低限守ってほしいことが3つあります。前の晩にシャンプーをしたらしっかりと乾かしてから寝ること、朝、軽く髪を濡らすこと、1~2カ月に1度は美容室へ行ってカットすること。ぜひ気を付けてくださいね。また毛先は乾燥するとはねやすくなるので、オイルやバームをつけるとおさまりが良くなりますよ。

ロングヘアはしないほうがいいの?

よく街中でおば見えロングの方をたくさん見かけます。ご本人は気付いていないのでしょうが、ボリュームのなくなった髪をそのまま下ろしている方、パーマをかけてゴワゴワの方、ヘアゴム1本でしばっただけの方。NGヘアの見本市のようです。ワンレングスや裾広がりのパーマは30年前、髪のボリュームがあったころのトレンドなので絶対NGです。

ただ、40代からロングヘアにしないほうがいいということはありません。ヘアスタイルやケアに気を付ければ大丈夫です。まずロングヘアで気を付けていただきたいのは、なんといってもトップのボリュームです。長い間、重めのヘアスタイルが流行っていましたが、今のトレンドはレイヤーの入ったくびれのあるスタイル。これならトップのボリュームもカバーできます。長さは肩より下ぐらい~肩甲骨の下ぐらいまでのミディアムロングがおすすめです。

きれいなロングヘアを維持するために必要なのは、シャンプー後、分け目が目立たないように根元からしっかり乾かすこと、毛先を中心にトリートメントやオイルでツヤを出すこと、最低3カ月に1度は美容室へ行って、トリートメントやパーマでツヤとボリュームの調整をすること。以上の3点です。

オトナ女子がロングのダウンスタイルをきれいに維持するのはなかなか難しいのですが、ヘアアレンジが得意な方はミディアムロングでなくロングもOKですよ。

40代からやってはいけないNG髪型は

ご自身がきれいに見えてお手入れがしやすければ、ロングもショートもOKです。強いて言えば、ショートなら少し長めの動きのあるスタイル、ロングなら肩甲骨の下くらいまでのミディアムロングの長さだとお手入れもしやすく動きが出ます。

NGなのは、輪郭が際立つベリーショートやストレートのラインが際立ってきつく見えてしまう前下がりのストレートぱっつんボブ、トップがぺたんとしてしまう伸ばしっぱなしのロングヘア、裾広がりのスフィンクスのようなキツメのパーマヘア、若い子に人気の前髪を薄く下したシースルーバングなどなど。これらの髪型は避けてくださいね。

今のトレンドは、ロングもショートもウエット感やツヤのあるスタイルなので、仕上がりのツヤは意識しましょう。またトップが気になるオトナ女子は、分け目が目立たないようにジグザグにしたり、普段と反対側から分けて乾かして、立ち上がりを出すとボリュームが出て若々しく見えますよ。

まとめ

現役美容師の友人とも話したのですが、とにかく時短=手抜きがしたいというオトナ女子の意見の多いこと。幼児を抱える私ももちろんその1人ではありますが、シャンプー後にドライヤーで乾かすことと、定期的に美容室へ行くことだけは気を付けています。

今は仕事や買い物の合間にも行けるお手ごろ価格のカラーリングの専門店もあり便利ですよね。ヘアスタイルはひと手間加えるだけで若見えし、印象を変える重要なパーツです。次回は、ショート、ロングのお手軽でおしゃれなアレンジ方法についてもまとめていきますね。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

髪のお悩みカテゴリの最新記事