「え、経験がないと無理?」ド素人だって先生になりたい! #44歳チアリーダー 8

「え、経験がないと無理?」ド素人だって先生になりたい! #44歳チアリーダー 8

イラストレーターであり、チアダンスの講師でもあるサトウユカさんによる連載マンガ「44歳チアリーダー!」の第8話。今回は33歳のド素人だったサトウさんがチアの先生になりたいとスイッチが入ったときのお話です。
★前回:「まるで別人レベル!」うまく笑えなかった私が変わった理由 #44歳チアリーダー 7
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

44歳チアリーダー第8話

チアを始めて3年くらいたち、ダンスもだいぶ上達し、なんとチアのイベントでお客さんの前で踊り、その立ち位置もセンター付近をもらえるようになりました。

月に2回くらいだったレッスンも、週に2回のペースになってきて、ますますチアに夢中な日々でした。

そんなある日、レッスン中に突然胸の奥から「ああっ!! 私もチアの先生になりたい!!先生になってチアの素晴らしさを広めたい!」という熱い想いが湧き上がった瞬間がありました。

先生からのひと言で意気消沈

勢いでレッスン後に先生にそれを伝えたら、
「う〜ん……、チアの先生になるには高校や大学でのチア経験がないと無理じゃない?」
と困惑顔で言われました。

やっぱりそうかあ〜そうだよね〜、30歳からチア始めてまだたった3年のド素人が何言ってるのって感じだよねえ、恥ずかしいこと言っちゃったなあと意気消沈したのもつかの間、
「本当にそうだろうか?」
と、私のあまのじゃくな精神にスイッチが入りました。私のこのスイッチ、最強なのです。

同じ状況の人に勇気を与えたい!

先生は小さなころからずっとバレエをされていて、そのあと大学からチアを始めてXリーグ(日本社会人アメリカンフットボールリーグ)のチアリーダーも務めた方でした。

過去には戻れないから私にその経歴は無理だけど、30歳でまったくの未経験からダンスを始めて、すごくじょうずではないけれど一応は踊れるようになった私。この経歴で先生になれたら、それはそれで逆に同じ状況の人に勇気を与えられたり、踊れない人の気持ちもわかったりするのではないだろうかと思ったのです。

「チアの先生になりたい」という新たな夢に対して最強スイッチが入った、33歳の大事な1日でした。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

★「何か仕事がしたい…」41歳で出産を機に退職した私がまさかの開業
★育児や仕事でストレスがたまる日々を救ってくれたもの #44歳チアリーダー 6
★ウーマンカレンダー連載マンガ

生活・その他カテゴリの最新記事