「脳のキャパ小っさ!」アラフィフ母、雨の日のおつかい #生まれて半世紀 1

「脳のキャパ小っさ!」アラフィフ母、雨の日のおつかい #生まれて半世紀 1

生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさん。アラフィフ母ならではの日常を描いたマンガを紹介します。

今回は、スーパーでのアラフィフあるあるエピソード。買いたい物は決まっていたのに、つい舞い上がってしまった月野さんは……。

こんにちは、生まれて半世紀を過ぎた月野まるです。

雨の日の買い物って面倒ですよね。
先日雨が降っていたので、必要な物だけ買おうと思い「5個くらいなら覚えていられるな」とメモを持たずに出発しました。

雨の中、「豆腐、ひき肉、ねぎ、トマト、牛乳……」と子どものおつかいのように、買う物を繰り返しながらスーパーへ向かう私。

でも、いざ着くと「あまおうが298円!? 安っ!」「おお! 豚バラも特売じゃん!」と買う予定のなかった物についつい興奮!

ようやく当初買いたかった物を探し始めたころには「……あれ? 牛乳と豆腐と……。あと何を買いに来たんだっけ?」

たった5個だったのに、もう忘れている……。 
私の脳のキャパ、思ってたより小っさ!!

皆さんもこんなことありませんか? 私はあります……。

スーパーに行くと、どうしても安い物や珍しい物に心奪われ、記憶が飛びがちなんですよね。
なので、最近はメモを持って行くようにしてます。

そのメモを家に忘れるという失態もありますが……。

★ウーマンカレンダー連載マンガ

★関連記事:「スーパーに行くだけなのに」なぜかやり出すと止まらない… #アラフィフの日常 31

★関連記事:「なんで必死に隠すの?」娘よ、母はバーコード頭の男性に共感しかない #ときめけ!BBA塾 92

生活・その他カテゴリの最新記事