年齢予測の指標となる手肌!ほんのひと手間でできるハンドケア【体験談】

年齢予測の指標となる手肌!ほんのひと手間でできるハンドケア【体験談】

人の年齢を予測するとき、無意識に見てしまうのは顔や首、そして手ではないでしょうか。ふと気づく手のシワやシミ、肌荒れ……。若いころは冬の間だけハンドクリームを塗っていれば十分だった手肌ケアも、四十路の私には足りません。つくづく手肌ケアの大切さを実感している私の体験談です。

もったいない!キレイな女性の手肌に驚愕

容姿端麗、化粧も上手。ステキな50代の女性だなと思っていたら、差し出された手を見て「あれ? この人は何歳なのだろう?」と思った経験が私にはあります。その手はカサカサで、関節部分などは白く粉を吹いていました。とうに還暦を過ぎた手にしか見えなかったのです。ステキな女性に変わりはないのですが、手肌がキレイならもっとステキなのに……と思いました。

もっとも働き者の手という観点からは、申し分はありません。ただ、センスのいい服や艶のあるルージュとは不釣り合いな印象を受けました。私の好きな小説家は、手を見て恋をしたとエッセイに綴っていました。手は顔と同じく、人から見られる体の一部ということなのでしょう。実際に人の手を見てみると、案外と手は多くを語っていることに気づかされました。

保湿の前はしっかり水分を拭ってから!

手肌のケアは大切だと感じ、テレビやラジオ、雑誌、知人のアドバイスなどから自分にできるケアを抜粋して取り組んでいます。手肌のケアで大切なことは、「保湿」だと言われています。保湿をするにはハンドクリームを塗ることになりますが、その前におこなうべきことが手肌についた水気をしっかり拭い取ることだそうです。水気が残っていると、ハンドクリームの保湿効果が十分に発揮できないとのこと。指と指の間や爪の周り、関節など水気をしっかり拭い取ります。拭うときは強くこすると肌荒れの原因になりますので、やさしく丁寧に。

水気を拭い取ることができたら、ハンドクリームを塗布します。ハンドクリームは保湿効果のあるものがいいですが、成分云々よりもまずは塗布することが大切ということです。好みの香りを選んで、気分を上げていくのもいいですね。私は保湿効果も香りも申し分のないTHE BODY SHOPのハンドクリームシアを使っています。シアの香りはエキゾチックで、女性のみならず男性でも使用できると思います。

面倒くさがり屋でもできる!2種類の手袋を使ったケア

面倒くさがり屋というよりは、家事や育児に追われているとひと手間をかける余裕がなくなってしまうのが現状だと思います。私も同様で、そんな私が実践できているひと手間が2種類の手袋を使うこと。水仕事のときにはゴム手袋をしています。会社の同僚が「手荒れ対策で、必ずゴム手袋をする」と話していたのが発端です。

そして、ある女優のおすすめテクニックをもう一つプラスします。たっぷりとハンドクリームを塗布してからゴム手袋をはめ、湯を使うこと。スチーム効果が期待でき、ハンドクリームがより一層手肌に浸透するそうです。たしかに、しっとりするのを実感します。また、寝るときには綿製の手袋をするのもおすすめです。私が使用しているのは、白十字から販売されている「FC綿手袋」。商品説明に「ハンドクリームとの併用に最適です」と書いてあったのが決め手になりました。コスパがよく、200円でお釣りが来ます。十分にハンドクリームを塗布して、綿製の手袋をはめて寝る。これだけなのですが、侮れないと実感しています。翌朝の少しプルンとした手肌に微笑んでしまいます。

まとめ

最近では、手肌をキレイに見せるハンドクリームや男性化粧品が販売され、美しくあることがマナーであるかのような風潮を感じます。しなくてはいけないことが山積していて、だから自分の美容になんて手が回らないではなく、自分にできる範囲のひと手間をかけることで、自分に向き合う余裕を作ることができました。ハンドクリームを塗布することはしていても、効果を十分に引き出すことができていないのは残念なこと。ひと手間加えて、手肌の潤いを保つことに成功しています。いつも潤いのある手肌でいたいので、私はこれからもひと手間を続けていこうと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事