寒い季節はかゆみが増大!かきむしって血が出る私がたどり着いた肌対策【体験談】

寒い季節はかゆみが増大!かきむしって血が出る私がたどり着いた肌対策【体験談】

お風呂に入って体をポリポリ、トイレでもポリポリ……。無意識に手がいくため、かきむしり過ぎて血が出てしまうことも。特にすねや背中、下着のあたるところが、無性にかゆくなってきます。しかも症状は、年々ひどくなる一方です。

ゆず湯が染みる~私の場合、〇〇が原因

ウチでは毎年、冬至の日にゆず湯に入ります。ゆず湯といってもそんなに大層なものではなく、スーパーで購入したゆずを1個、そのままポンと湯船に入れるだけです。「今年ももう終わりね」な~んて良い香りのお湯に浸かっていると、アレ? ナニコレ染みる? 痛いんですけど! なんとゆず湯が、かき過ぎて傷ついた肌を刺激したみたいです。痛くて我慢できず、すぐにお風呂から出てしまいました。さっ寒い……。

某ネットの情報によれば、加齢に伴い、肌の水分量が減り、皮脂分泌が減ってかゆみに敏感になるようです。毎日、保湿クリームを塗っていますが、なかなかかゆみは治まりません。

乾燥肌の原因の一つとして、私の場合は「体の洗い過ぎ」が思い当たります。私も夫も体を洗うときに使うのは、ナイロンタオル。ゴシゴシ洗って、汚れが落ちてる~って感じが好き。その結果、寒くなるこの時期、いつも2人で「かゆい、かゆい……」と言っています。休みの日には「あーそこそこ! もうちょっと上!」なんて子どもたちに変な目で見られながら、お互いの背中をかき合う始末。本当に夫婦で洗い方を改めないといけませんね。

肌への対策①ハンドケア用手袋の使い方を変更

ところで私は体の乾燥もさることながら、手の荒れもひどいんです。私自身、掃除のパートでキツイ洗剤やアルコール消毒液を常に使っていて、かなり手を酷使しています。こまめにハンドクリームを塗ってはいるのですが、ひび割れ、あかぎれがひどいです。さらにシミ・シワもあるため、子どもに「お母さんの手、おばあちゃんの手みたーい」と言われショック!

絆創膏を貼っても、水仕事などですぐにはがれてしまいます。そのため手荒れ対策として、これまでは寝るときのみ「おやすみ手袋」という手袋をはめていました。自分の勝手な思い込みで「おやすみ」と言うからには、寝るときにはめるものだ!と思っていましたが、日中でも効果があるのではと思い付きました。最近、この「おやすみ手袋」を昼間、家にいるときもはめるようにしています。水仕事のときはゴム手袋に替えますが、パソコンで仕事をするときにはめていても、さほど気にはなりません。

なんといっても、「おやすみ手袋」で手をカバーしてしまえば、かゆくて体をかこうにもかけないのですから。さらに手の荒れも防いでくれれば、一石二鳥です。ネットなどで調べるとシルク100%やスマホ対応の「おやすみ手袋」がお手ごろ価格で出ています。使い心地もとても良いので愛用しています。

肌への対策②私の場合、ジェルネイルも有効

私の場合は、意外!?と思わるかも知れませんが、「ジェルネイル」も有効でした。きっかけは、自分がつめをかんでしまうクセがあり、深爪矯正の目的でネイルサロンに通い始めたことです。

もともとつめは薄くて先が尖っています。ジェルネイルは、つめ先までジェルでしっかりコーティングされて、先端も丸く滑らかに削ってくれるので、肌をかいてしまっても傷になりにくいんです。結果的に、いつもよりかゆみがマシになった気がします。さらにプロが塗ると、塗り替えの頻度が1カ月に1回のオフで大丈夫ですし、なんといっても艶々のぷくっとしたつめを見ていると、テンションが上がります。自分の手を見てニンマリです。私はクリアジェルしかしないので、つめがある程度伸びるまでネイルサロンで施術してもらい、慣れてからは自分でしています。道具もお手ごろ価格で、自宅で楽しめるキットが出ています。

ただし夜、かゆくて眠れないなど症状がひどい場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

まとめ

これまでのことから、私の場合は、保湿クリームを塗ることと併せて、「おやすみ手袋」やジェルネイルなどのハンドケアが体の肌ケアにもつながり有効でした。幾分、かゆみがマシになったように思います。これからも自分なりに工夫し、なるべく肌を傷つけずにかゆみを抑えていきたいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事