敏感肌の私でも肌トラブルなしの白髪染め、見つけた!【体験談】

敏感肌の私でも肌トラブルなしの白髪染め、見つけた!【体験談】

敏感肌の私は、美容院に行っても白髪染めをお願いすることはなく、自分で染めていました。しかし、後ろの髪は自分一人では染められないし、数週間おきにやってくる白髪染めの作業をお休みしたいと思うこともあり、たまには美容院でカラーをしてもらいたいと感じていました。そんなとき、美容院で白髪染めをする方法を思いつき、今では自宅と美容院両方で白髪染めをしている私の体験談です。

オーガニックカラーでも安心できない!

美容院でオーガニックカラーやヘアマニキュアをお願いすると、翌日なぜか顔が赤くなってしまいます。肌もザラついていて、いつもとは違うんです。それを一度だけではなく、何度も経験して美容院のカラーが影響しているのではと思うようになりました。思えば、若いころは美容院でカラーをしても肌のトラブルはなかったのです。40代半ばあたりからもしかしたら敏感肌に移行したのかも……。それ以来、美容院で白髪染めをするのはやめてしまいました。

オーガニックカラーに関して美容師さんに話を聞いてみると、オーガニックの割合が50%だったそうで、オーガニックの比率を前もって確認する必要があることを学習しました。そこで植物原料100%のヘナを自宅で試すことにしました。私が使っているのは「テンスターファインヘナ」です。ネットで探して、高評価の商品を選びました。価格は約800円。

ダメもとでカラー持ち込みを打診してみた

行きつけの美容院にはヘナのメニューがないので、ダメもとで自分が使っているヘナで染めてもらえないかを聞いてみると、「いいですよ」と快く引き受けてくれました。カラーを持ち込んでも持ち込まなくても料金は同じです。美容院でヘナで染めてもらうと、白髪がキレイに染まりました。美容院ではフルカラーをお願いして、自分ではリタッチをしています。

美容院に行くのは、美容院予約サイトのポイントの期限が切れる前だったり、大事な予定の前だったりと不定期ですが、2~3カ月に一度の割合です。自分で染めるときは主に生え際を染めるのですが、どうしても染めムラがあります。美容院ではカラーをするとき、生え際を紙のようなもので上から押さえつけているので、このひと手間がムラにならないコツなのかもしれません。

ヘナを使ってから肌トラブルは…

ヘナを使って白髪染めをしてからは、肌トラブルが起こったことは一度もないです。ヘナで染めた後、髪が傷むこともありません。白髪が目立ってきたけれど、ヘナをする体力が残っていない日は、白髪に色をつけるカラートリートメントを使います。カラートリートメントは週に何度も使うことで徐々に色がついていくので、一度で劇的に色が変わることはありません。ヘナだと一度で白髪が染まります。シャンプーすると少し色が落ちるけれど、それでも1カ月くらいは色持ちします。

まとめ

ヘナで黒髪が明るくなることはないかもしれませんが、白髪は染まります。その白髪はかなり明るい色に染まりますが、私は明るい色が好みなのでこれからも使い続けるつもりです。髪に与えるダメージも少ないので、カラーの強い薬剤で髪が傷んでしまった方は試してみてもいいかもしれません。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

髪のお悩みカテゴリの最新記事