いつもの洗顔料を●●するだけ!くすみ肌がワントーン明るく!【体験談】

いつもの洗顔料を●●するだけ!くすみ肌がワントーン明るく!【体験談】
泡洗顔

特別クセのない普通肌で、40代になってからも大きな肌トラブルはなし。少し乾燥が気になり出したころからアンチエイジング用の基礎化粧品を使い、肌に合うものを見つけて満足していました。ところが50歳に近づくにつれ、肌のトーン、くすみが気になるように。致し方ないのかな…… と現状を受け入れ(あきらめ?)かけていたときに、ひょんなことから明るい肌色を実感できて、時間がなくても毎日続けられる洗顔法を知ったのです。

アンチエイジングとしてすすめられた泡パック洗顔

泡パック

アンチエイジング用のスキンケア用品を使う=ケアしている私。そんな自己満足の日々を送っていましたが、ある日、親しくさせていただいているエステティシャンの方と雑談をしていて、スキンケアの話題に。

そこで「くすみが気になるけど、ある程度しょうがないよね」と言った私に、彼女は「たっぷりの泡でやさしく洗う。それだけで違ってくるから試してみて」「洗顔方法1つで違ってきますよ?」と言い、泡パック洗顔の方法を教えてくれました。

たっぷりの泡でやさしく洗うだけ

良い話を聞いたから試してみなくちゃ!とエステティシャンの彼女と話した日の夜、さっそく泡パック洗顔を試してみました。
・ネットでかための泡(こんもりと山になった状態が崩れない程度)を作る
・りんご1個分のモコモコ泡で顔を覆う
・1分前後おいてから泡で顔全体を包むようにやさしく洗う
・顔をこすらないようにしながら、流し残しがないと感じられるまでぬるま湯で丁寧に流す
方法としては、これだけです。

私は、手持ちの泡フォーム(無印良品)でチャレンジしました。そして、りんご1個分までのたっぷり泡を使う勇気がなく、みかん1個分でチャレンジ。それでも今までの倍くらいはある泡の量で顔を覆い、1分強おいてから洗い流して……。ここで肌の質感がいつもと違うことに気付きました。

鏡を見て満足!肌が明るくなった

肌の手触りがしっとり、ツルリとしています。そして鏡を見ると、今までより顔色が明るい感じ。おのずとメイクのノリも良くなって、私にとって泡パック洗顔はいいことづくしでした。

もちろん、それから毎日続けています。時々、洗顔後に古い角質がボロッと取れることもあるんですよ。そして、不思議と以前よりも肌の潤いが持続するようになり、秋や冬が近づいても乾燥が気にならなくなりました。

まとめ

多めの泡で、パック洗顔するだけ。パックしている間は、お風呂のときならシャンプー、朝の洗顔なら歯磨きなど「ながら」でいける手軽さ。こんなに簡単だけど毎日続けることで、洗顔後の肌の色がワントーン明るくなることと化粧のノリが良くなったことを実感できました。簡単かつ手ごたえがあり、これはオトナ女子が長く続けられる美肌キープ法の1つだと思いました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事