明け方に足がピーン! 中高年に多い「こむら返り」の対策、効果があったのは…【体験談】

明け方に足がピーン! 中高年に多い「こむら返り」の対策、効果があったのは…【体験談】

更年期にはいろいろな体の不調に見舞われますが、ワタシの中でしんどい症状の1~2を争うのが「こむら返り」。寝ているときに突然足がつり、目を覚ますこともしょっちゅう。その原因とケアについて調べてみました。

熱帯夜をしのいだ明け方に突然足がピーン

再就職をしてケースワーカーとして働くワタシは、平日は徒歩と自転車移動がメイン。平均すると1日8,000歩近く歩き、自転車は2時間以上乗っています。健康的な生活でお金ももらえて一石二鳥。しっかり動いているから、夜もあっという間に夢の中。ストレスも多い仕事だから、睡眠は十分とりたい。寝ると嫌なこともすぐ忘れてしまいます。

なのに最近、寝返りをうとうとすると、足がピーンとつって動かないことが! おまけに、不意打ちゆえか、ものすごく痛いっ。ビックリして目を覚まします。この憎き症状は「こむら返り」。多いときは週2~3回起きることもあります。特に、夏の暑い日は頻度が多くて1日に数回起きることも。クーラーをつけて、適温で寝ているはずなのに、どうしてなんでしょう?  

こむら返りは中高年に起きやすい症状

体のあちこちにガタがきているワタシは定期的に整骨院に通って、電気治療やマッサージを受けています。さっそく、整骨院の先生に、こむら返りをすることを聞いてみると、「年齢的に仕方がないかな。中高年になるとよく起きるみたいです」とのこと。ガーン。

こむら返りは、血液中の水分や塩分のバランスが乱れていたり、筋肉の疲労、冷えなどが原因で起こるそう。中高年になると、筋肉量が減って、血行が悪くなり、疲労もたまりやすくなるため、こむら返りになりやすいんだとか。エアコンをつけて寝ていると、朝方は冷えて、夏に起こることも多いみたい。冷えも原因なので、冬にもよく起こるそうです。

でも、突然の痛みに飛び起きるのをあきらめたくないワタシは、「どうしたら、治りますか?」と聞いてみると、水分やミネラルをしっかり摂るといいとのこと。早速、寝る前に1杯のスポーツドリンクと思っても、疲れて飲む間もなく寝てしまうこともしょっちゅう。自業自得なのですが、こむら返りを繰り返していました。

湯船に浸かることで予防し、マッサージで対処

ワタシ、布団に入ってテレビを見ながら寝てしまうんです。電気がついていることもしょっちゅう。いわゆる寝落ちってやつですが、朝早く起きたいワタシにとってはテレビが目覚まし時計になり、置きたい時間に起きられる方法です。だから、寝る前に何かやることはできないとあきらめ、ネットで調べて、しっかり湯船に入るのもこむら返りを防ぐようなので実践。夏は朝晩シャワーをするだけだったのですが夜は湯船に入るように。すると、こむら返りになる回数が減ってきました。冬の凍てつく日は温浴効果のある入浴剤を入れて湯船にしっかり浸かることもあります。

足がビーンとなったときのケアについてもネットで習得。以前はふくらはぎをガンガン叩いていたけれど、ふくらはぎ全体をやさしくマッサージ。血行不良もこむら返りの原因なので、くるぶしから太ももへ、やさしくなで上げて血行を促すようにしました。つま先をつかんでスネのほうに引き、ゆっくり戻すを繰り返してふくらはぎの筋肉を伸ばすのもいいようです。

まとめ

こむら返りは一過性のものですが、頻繁に繰り返す場合は、筋肉や神経、甲状腺の病気などの疑いがあるそう。実はワタシ、こむら返りを繰り返していた数カ月後に、椎間板ヘルニアを発症しました!(その話しは後日ご紹介します) 何度も繰り返すようなら病院で診てもらうといいと思います。その際、足のけいれんに適しているという漢方、芍薬甘草湯の服薬もおすすめのようです。どちらにしても、気になるようならかかりつけ医などに相談すると良いかもしれません。
そして、豆知識。こむら(腓)ってふくらはぎを意味するんですね。今の今まで知りませんでした。それにしても、若いころは部活など激しい運動をした後になっていたこむら返りに悩まされ、それが病気のサインになっていたなんて(もしかすると因果関係はないかもしれませんが……)。椎間板ヘルニアになるまで気がつきませんでした。やっかいな体を引きずりながら今日もなんとか生きています。トホホ~。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事