プレ更年期かも?40歳から悪化した肩凝りの原因と対処法【体験談】

プレ更年期かも?40歳から悪化した肩凝りの原因と対処法【体験談】

私は20〜30代から肩凝りに悩んでいたものの、ちょっとマッサージをすれば良くなることが多かったのでそれほど気にしていませんでした。でも40歳を過ぎたころから肩凝りがひどくなり、いくらマッサージをしてもなかなか治りづらくなってきたのです。今回はプレ更年期からより強く感じられた肩凝りについての私の体験談をご紹介します。

ちょっとしたデスクワークですぐ肩凝りに

40歳当時は看護師として病院に勤務していました。仕事中は患者さんの日々の記録をパソコンに打ち込むデスクワークをおこなうことも多いのですが、デスクワークをして20〜30分もしないうちに肩が張り、重く感じることが多くなってきました。

これまで同じような肩凝りを感じることは多かったものの、1時間ほどのデスクワークでは気にはなりませんでした。しかし、40歳を境にたった20〜30分の時間でも肩凝りを強く感じることが多くなったのです。肩凝りがあるとなんだか全身も重くてだるく感じるようになり、1日の仕事の疲れも取りにくくなってきたなと感じてきたのを覚えています。

肩凝りが解消されない!

このまま肩凝りが続くと、仕事にも支障が出るかもしれないと思い始めました。そこで、なんとか肩凝りを解消しようと肩の筋肉のもみほぐしや全身のマッサージを受けるなどさまざまな対処法を試みました。そのほかにも、アロママッサージや整体、針治療なども受け、さらに自宅で使えるマッサージ器なども購入して効果を試してみました。

しかし、どの対処法を試しても一時は肩凝りが解消されたように感じますが、仕事でまたデスクワークといった長時間同じ姿勢のままの作業をすると、また肩凝り……そんな毎日の繰り返しでした。当時はどうして肩凝りがなかなか解消されないのかわからず、悶々とした毎日を過ごしていました。

この肩凝り、もしやプレ更年期?

なかなか解消されない肩凝りに「もう歳だからかな……」と半ばあきらめていたとき、ふと見たサイトにプレ更年期のチェックリストがあったんです。プレ更年期とは30代後半から40代半ばまでに見られる、いわば更年期症状の前段階のこと。そのプレ更年期症状としての1つに肩凝りがあり、この肩凝りは本格的な更年期に入っても見られますが、更年期に入ると今度は肩凝り以外にも関節の痛みも加わってくるようなのです。

そこで私が40歳からひどくなった肩凝りがなかなか解消されないのは、プレ更年期の可能性もあることを受け止め、焦らず気長に肩凝り症状とも付き合っていかなければいけないんだなと思いました。

まとめ

40歳になってなかなか治りにくくなった肩凝りは、プレ更年期の症状の1つかもしれないことを知り、これからの本格的な更年期に入る前に今から適切に対処していかなければいけないと思っています。

更年期に入ってから対処するのでは遅いと思い、肩凝りになりやすい姿勢を長時間続けないようにしたり、気付かないうちに肩の筋肉の緊張が続くことがないように適宜肩を動かすなど仕事や生活の中で工夫をしています。40歳から悪化した肩凝りへの対処は、これから訪れる本格的な更年期に備えて、今からきちんと対処していく大切さを学んだ気がします。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事