抜け毛が減った!私が実際におこなった更年期障害の抜け毛対策【体験談】

抜け毛が減った!私が実際におこなった更年期障害の抜け毛対策【体験談】

抜け毛の量や他人からの視線が怖くなり、生活にも支障が出るようになった私が婦人科を受診したことで判明した更年期障害が原因の抜け毛。軽度の更年期障害と診断されてからは、ほかの症状を緩和する大豆イソフラボン活性代謝物サプリメント以外にも、自分なりに抜け毛を軽減させる方法を探しました。そして、それらを実践してきました。ここでは、実際に私がおこなった抜け毛を防ぐ方法をお話しします。

豆乳せっけんで髪の毛を洗ってみた

医師からのアドバイスにより、大豆イソフラボン活性代謝物サプリメント「エクオール」を飲んでみたところ、ホットフラッシュやイライラなど更年期症状がかなり治まりました。3カ月ほどそのサプリメントを飲んでいたのですが、症状がかなり改善したため、サプリメントは病院から処方されなくなりました。

そこでイソフラボンは大豆に含まれているので「豆乳を使用したもので髪の毛を洗っても抜け毛が減るのではないか」という考えが浮かびました。ちょうど私はせっけん作りが趣味なので、豆乳を使用したせっけんを作り、それで髪の毛を洗ってみることに。コンディショナーは市販のものを家族と一緒に使用していました。

豆乳せっけんで髪の毛を2週間ほど洗ってみたところ抜け毛がかなり減り、髪の毛にツヤが出るようになりました。また、赤ん坊のようなホヤホヤした毛が生えていることも確認! 試しに家族と同じ市販のシャンプーに戻すと、明らかにお風呂の排水口の毛取りネットの抜け毛が増えるので、豆乳せっけんには抜け毛を防止する効果があったと感じています。また、通販でほかの豆乳せっけんも試してみましたが、そちらでも同じように抜け毛が少なくなりました。

サテンやシルク素材に変えてみると…

私はもともと髪の毛が絡まりやすく、抜け毛がなかったときも絡まりを朝ほぐすことから始めていました。そこで、友だちに教わったのがサテンやシルクなど表面がツルツルしたナイトキャップや枕カバーを使用して寝ること。友だちによると海外では、髪の毛が細く絡まりやすい人がおこなっている予防法だそうです。髪の毛が絡まりやすい人は、枕などの繊維に髪の毛が引っかかり、切れてしまったり抜けてしまうことも多く、その対策としてサテンやシルク素材などで髪の毛との摩擦を少なくし抜け毛や切れ毛を防ぐという意図があるそうです。

実際に髪の毛を乾かしてから使用してみると、ナイトキャップや枕に髪の毛が絡むことが少なくなっていました! また、抜け毛もあまり落ちていません。私は経済的なこともあり、シルク素材のナイトキャップは1つしか持っていません。そのため、普段使いはサテン素材のナイトキャップと枕カバーですが、シルク素材と今のところ抜け毛予防の効果は変わらないように感じています。

エクササイズ後に頭皮マッサージ

軽度の更年期障害を機に、ズンバという軽快な音楽に合わせて踊りながら有酸素運動がおこなえる南米発祥のエクササイズを本格的に始めました。医師から「頭皮マッサージをして頭皮を柔らかくし、頭皮の血液循環を良くしてあげてください」と言われていました。そこで、どうせならエクササイズ後の血液循環が良いときに頭皮マッサージも一緒にやっちゃえ!と軽い気持ちでおこなってみることに。

シャワー中、せっけんでの洗髪でも頭皮全体をもみほぐすようにマッサージしました。マッサージは髪を乾かす際にもやさしくおこないました。これで抜け毛も減りましたが、新しい毛がかなり生えてくるように! あまり刺激になり過ぎてもいけないと言われたため、やさしくマッサージをおこなっています。その際、満遍なく頭皮全体をマッサージすると気持ちが良いです。

まとめ

病院で軽度の更年期障害による抜け毛と診断されてからは、豆乳せっけんやサテン・シルク素材のナイトキャップ、またエクササイズ後の頭皮マッサージなど自宅でできるヘアケアを実践しました。自分で考えた抜け毛対策ですが、私にはこれらのヘアケアが自分に合い、抜け毛がかなり減りました。今では以前の髪の量に戻りつつありますが、今後もヘアケアを続けつつ更年期障害ともうまく付き合っていきたいと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

髪のお悩みカテゴリの最新記事