【漫画】ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)が更年期に起きる理由【天神先生監修】

【漫画】ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)が更年期に起きる理由【天神先生監修】
【漫画】ホットフラッシュの症状と対処法【天神先生監修】

更年期の症状の中でも代表的なホットフラッシュ。 更年期女性の約6割が経験するといわれるこの症状について、原因と対処法を解説します。

監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック院長)
日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

★関連記事:【漫画】更年期障害の症状と対処法【天神先生監修】

ホットフラッシュが起こるメカニズム

ホットフラッシュとは?

ホットフラッシュとは、急に体が熱くなり、顔が赤くなったり汗をかいたりする症状のことです。特に上半身に現れやすく、数分から数十分続きます。1日に何度も起こる人もいれば、数日に1回程度の人もいるなど個人差が大きいのも特徴です。

なぜホットフラッシュが起こるの?

ホットフラッシュが起こる原因は、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの減少によるものです。エストロゲンには、血管の収縮や拡張をコントロールする働きがあります。更年期になるとエストロゲンの分泌量が減少するため、血管の収縮や拡張がスムーズにいかなくなり、体温調節機能が乱れてホットフラッシュが起こるのです。

また、エストロゲンの減少は骨盤内の血行を悪くします。しかし血液量は変わらないため、血流が上半身に集中しやすくなります。体温が下がると体はそれを補おうと血管を拡張させ血流を増やそうとするため、顔を中心に一気に熱くなるのです。

ホットフラッシュの対処法は?

ホットフラッシュへの対処法としては、以下のようなことが挙げられます。

・室温や湿度を調整し、過ごしやすい環境を作る
・ストレスをためないように心がける
・軽い運動を心がけ、自律神経のバランスを整える
・十分な睡眠を取る
・過度な飲酒や喫煙は避ける

また、症状がひどい場合は医療機関を受診し、ホルモン補充療法などの治療を検討するのも1つの方法です。 

ホットフラッシュは更年期女性にとって厄介な症状ですが、生活習慣の改善や周囲の理解によって乗り越えていくことができます。閉経が近付いたら、ホットフラッシュにも備えておきたいですね。

実体験に基づくホットフラッシュ対処法

身近なひんやりグッズで乗り切る-Mさんの場合-

突然の発汗と熱感に襲われるホットフラッシュは、日常生活に大きな影響を及ぼすこともあるでしょう。そこでここでは、実際にホットフラッシュを経験したMさんの対処法を紹介します。

1. 冷たい飲み物で脇の下を冷やす
Mさんがホットフラッシュ対策として実践しているのが、冷たい飲み物で脇の下を冷やすこと。特に人混みの中に行く前には、よく冷えたミニボトルの飲み物を脇の下に当てて、体温の上昇を抑えるのだそうです。

この方法なら、周りの人にも気付かれにくく、手軽に実践できますね。外出時には、小さな保冷バッグに飲み物を入れて持ち歩くのがおすすめです。

2. 保冷剤を利用して顔や首を冷やす
もう1つのMさんの対処法は、保冷剤の活用です。ポーチ型のミニタオルに保冷剤を忍ばせておけば、さりげなく顔を押さえるフリをしながら冷やすことができます。

また、ビニールテープで保冷剤を細長くつなげ、ガーゼや手ぬぐいに包んで首に巻くのも効果的。首は大きな血管が通っている部分なので、ここを冷やすことで全身の体温を下げることにつながります。

ストレッチやズンバなどのエクササイズでぐっすり熟睡-Yさんの場合-

【漫画】ホットフラッシュの症状と対処法【天神先生監修】

突然の発汗と熱感に襲われるホットフラッシュは、日常生活に大きな影響を及ぼします。しかし、適度な運動を取り入れることで、症状を和らげることができるのをご存知でしょうか?ここでは、実際にホットフラッシュを経験したYさんの体験談をもとに、エクササイズの効果について解説します。

ズンバエクササイズで症状改善
更年期障害が悪化したYさんは、イライラや情緒不安定に悩まされ、毎日涙が止まらない日々を過ごしていました。そんなとき、友人に誘われて市の無料ズンバエクササイズに参加したところ、終了後は爽快感に包まれ、イライラや不安感が消え去り、ぐっすりと眠ることができたそうです。

ズンバとは、南米発祥の軽快な音楽に合わせて踊りながら有酸素運動をおこなうエクササイズです。ダンスの要素が取り入れられているため、楽しみながら運動できるのが特徴です。

ストレッチとエクササイズの効果
Yさんは、心地良い程度のストレッチと、20分以上のジョギングやズンバなどのエクササイズをおこなうことで、ホットフラッシュの症状が軽減されることに気付きました。多忙な日々の中でも、少しでも時間を作って実践しているそうです。

適度な運動は、自律神経のバランスを整え、ストレス解消にも効果的です。また、体を動かすことで体温調節機能が向上し、ホットフラッシュの頻度や強さを和らげることにつながります。

デオドラントスティックで効果を実感-Kさんの場合-

【漫画】ホットフラッシュの症状と対処法【天神先生監修】

更年期に差し掛かると、ホットフラッシュによる突然の発汗に悩まされる女性は多いもの。外出時の汗ジミは特に気になるもので、お出かけを控えてしまう原因にもなりかねません。実際にホットフラッシュを経験したKさんの体験談をもとに、デオドラントスティックの効果について解説します。

デオドラントスティックで脇汗対策
もともとお出かけ好きだったKさんですが、更年期に入り汗をかきやすくなったことで、恥ずかしさから外出を控えるように。しかし、このままではいけないと感じたKさんは、脇汗対策としてデオドラントスティックを使ってみることにしたそう。

デオドラントスティックとは、制汗成分である焼ミョウバンを固めたスティック状の制汗剤です。ドラッグストアでも手軽に購入できるため、試しやすいのが魅力。Kさんは、スプレーやロールオンタイプの制汗剤よりも、デオドラントスティックのほうが効果を実感できたそうです。

デオドラントスティックの効果と使い方
デオドラントスティックを使用することで、汗をかきにくくなったとKさんは実感。この安心感から、お出かけもしやすくなったそうです。朝に塗っておけば、昼頃までは持続できる効果を感じられたとのこと。

デオドラントスティックは、直接肌に塗るタイプの制汗剤です。使用する際は、清潔な肌に適量を塗り、よくなじませてください。 

「なんとかなるさ」で気持ちも軽く-Aさんの場合

【漫画】ホットフラッシュの症状と対処法【天神先生監修】

更年期に差し掛かると、多くの女性がホットフラッシュに悩まされます。特に働く女性にとって、職場で突然の発汗に見舞われるのは、仕事への集中力や自信を揺るがしかねない深刻な問題です。実際にホットフラッシュを経験したAさんの体験談から、前向きな心持ちの重要性について考えてみましょう。

「なんとかなるさ」の呪文で乗り越える
ホットフラッシュに襲われると、Aさんは汗を止めようと必死になるあまり、かえって熱く感じ、慌てて更衣室へ駆け込んでいました。しかし、周囲に知られたくないという思いから、耐え忍ぶ日々。更年期の終わりが見えない不安から、仕事の継続にも悩むようになったそうです。

そんなAさんが、同世代の友人からもらったアドバイスが、「なんとかなるさ」という言葉を1日何度も心の中でつぶやくこと。半信半疑ながらも実践してみたところ、更年期の症状が劇的に改善されたわけではないものの、朝の重たい気持ちから解放され、以前のように出社できるようになったとか。

前向きな心持ちがホットフラッシュ対策に効果的な理由
ホットフラッシュの原因は、女性ホルモンの変動によるものですが、ストレスや不安、焦りといったネガティブな感情が症状を悪化させることも。つまり、「なんとかなる」と前向きに考えることで、ストレスが軽減され、それがホットフラッシュの緩和につながったのでしょう。

また、自分を信じる気持ちを持つことで、周囲への過剰な気づかいから解放され、自信を取り戻せるというメリットもあります。「更年期は一時的な状況であり、必ず乗り越えられる」。そう自分に言い聞かせることが大切だと言えます。

日常生活でできる工夫

【漫画】ホットフラッシュの症状と対処法【天神先生監修】

刺激性のある食品を避け、良質なたんぱく質と脂質を摂取

ホットフラッシュによる突然の発汗と熱感は、日常生活に大きな影響を及ぼすでしょう。しかし、食生活を見直すことで、ホットフラッシュの症状を和らげることができるのをご存知でしょうか? ここでは、更年期女性のための食事のポイントを紹介します。

1. 刺激性のある食品は控えめに
ホットフラッシュを引き起こす原因の1つに、刺激性のある食品の摂取があります。具体的には、スパイスの効いた料理やカフェイン、アルコールなどが該当します。これらの食品は体を熱くする作用があるため、ホットフラッシュを悪化させる可能性が。できるだけ控えめにすることが大切です。

2. 良質なタンパク質と脂質を積極的に
代わりにおすすめしたいのが、豆類や大豆製品、ナッツ、種子、魚など、良質なタンパク質と脂質を含む食品です。特に、魚に含まれるオメガ3脂肪酸は、血行を促進し、ホットフラッシュの緩和に効果的とされています。

また、ビタミンEやマグネシウムを多く含む食品も積極的に取り入れましょう。アーモンドやほうれん草、アボカドなどが代表的な食材です。これらの栄養素は、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。

3. 水分補給は適切に
ホットフラッシュによる発汗で、体内の水分が失われがちになるのも更年期女性の特徴です。こまめな水分補給を心がけることが大切ですが、体を冷やす効果のある飲み物を選ぶのがポイント。水やハーブティーなど、カフェインを含まない飲み物がおすすめです。

涼しい環境を選ぶ

ホットフラッシュによる突然の発汗と熱感は、日常生活や仕事の効率を下げる原因になることもあります。しかし、生活環境を工夫することで、ホットフラッシュの症状を和らげることができます。 ここでは、更年期女性のための快適環境づくりのポイントを紹介します。

1. 涼しい環境を意識的に選ぶ
ホットフラッシュを軽減するために、まず意識したいのが涼しい環境選びです。エアコンの温度設定を適切に調整することが基本ですが、それが難しい場合は、携帯用の扇風機を活用するのも1つの手。また、保冷剤などのひんやりグッズをじょうずに使うことで、体の温度上昇を抑える効果が期待できます。

2. 通気性の良い衣類を選ぶ
衣類選びも、ホットフラッシュ対策には欠かせないポイントです。綿やリネンなど、通気性に優れた天然素材を選ぶことがおすすめ。一方で、合成繊維やタイトな服装は避けましょう。汗の蒸発を妨げ、体温調節を困難にする可能性があるためです。肌触りが良く、ゆとりのある服装を心がけると良いでしょう。

3. 睡眠環境にも気を配る
夜間のホットフラッシュは、更年期女性の睡眠の質を大きく左右します。寝具選びも、日中の衣類選びと同様に、通気性の良い天然素材がおすすめ。また、寝室の温度や湿度にも気を配りましょう。冷房の効き過ぎには注意が必要ですが、適度な温度設定と除湿で、快適な睡眠環境を整えることができます。

呼吸法でストレス軽減

ホットフラッシュによる突然の発汗と熱感は、身体的な不調だけでなく、精神的なストレスにもつながるでしょう。しかし、呼吸法を取り入れることで、ホットフラッシュによる不快感を和らげることができます。ここでは、更年期女性のための呼吸法を紹介します。

1. ゆったりとした姿勢から始める
呼吸法を始める前に、まずはゆったりとした姿勢を取ることが大切です。座っても、立っても、横になっても構いません。重要なのは、体に力を入れ過ぎないこと。肩の力を抜いて、リラックスしましょう。

2. 腹式呼吸を意識する
次に、深くゆっくりとした呼吸を意識します。ポイントは、腹式呼吸を取り入れること。鼻から息を吸い込むときには、おなかを膨らませるようにします。一方、口から息を吐くときには、おなかを引き締めるように意識しましょう。

3. ゆっくり、深くをキーワードに
呼吸法のコツは、「ゆっくり、深く」をキーワードにすること。吸うときも、吐くときも、ゆっくりと深い呼吸を心がけましょう。この呼吸法を数分間続けるだけで、心拍数が落ち着き、体がリラックスしてくるのを実感できるはずです。

4. 毎日の習慣にする
呼吸法の効果を実感するには、毎日の習慣にすることが大切です。1日数分でも構いませんので、自分のペースで呼吸法を取り入れてみましょう。ストレスが軽減されることで、ホットフラッシュによる不快感も和らぐことが期待できます。

睡眠の質を高める環境づくり

更年期に差し掛かると、ホットフラッシュによる不眠に悩まされる女性は少なくありません。突然の発汗と熱感は、ぐっすり眠ることを妨げ、日中の活動にも影響を及ぼしかねません。しかし、睡眠環境を整えることで、ホットフラッシュの影響を最小限に抑えられます。ここでは、更年期女性のための快適な睡眠環境づくりのポイントを紹介します。

1. 静かで暗い部屋を確保する
まず大切なのが、静かで暗い部屋を確保すること。外の騒音や光を遮断することで、リラックスした状態で眠りに就くことができます。また、部屋の温度も快適に保つことが重要。ホットフラッシュによる体温の上昇に備えて、適度な冷房や通気性の良い寝具を用意しましょう。

2. 睡眠前のルーティンを作る
次に、睡眠前のリラックスタイムを設けることがおすすめです。ぬるめのお風呂に入ったり、好きな本を読んだりと、自分なりのリラックス方法を見つけましょう。一方で、就寝直前の食事や激しい運動は避けるのがベター。カフェインやアルコールの摂取も、眠りを妨げる要因になるので注意が必要です。

3. 規則正しい睡眠スケジュールを心がける
深い睡眠を得るには、規則正しい睡眠スケジュールを心がけることも大切。毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる習慣をつけましょう。また、寝室はあくまで睡眠の場所であることを意識して、仕事や勉強などは別の場所でおこなうようにします。

4. ホットフラッシュ対策も忘れずに
快適な睡眠環境づくりと並行して、ホットフラッシュ対策も忘れずに。日中の生活習慣を見直し、ストレス管理や適度な運動を取り入れることで、ホットフラッシュの頻度や強度を和らげることができます。

コミュニティーで悩みや経験を共有

【漫画】ホットフラッシュの症状と対処法【天神先生監修】

更年期は女性にとって大きな転換期であり、さまざまな身体的・精神的な変化に直面する時期です。しかし、周りの理解が得られにくいために、ひとりで悩みを抱え込んでしまう女性も少なくありません。若いママ友や同年代の友人でさえ、更年期特有の悩みを共有することは難しいかもしれません。

そんなとき、「私も同じ経験をしているよ」と共感し合える存在は、何よりも心強いものです。更年期の症状であるホットフラッシュやイライラ、不安感などに悩まされている自分は決してひとりではないと実感できれば、孤独感が和らぎ、前向きな気持ちになれるでしょう。更年期の仲間と支え合うことで、この困難な時期を乗り越えていく力を得ることができます。

もし身近に更年期の悩みを打ち明けられる相手がいないのであれば、同じ経験を持つ女性たちが集うコミュニティーに参加してみるのがおすすめです。新聞社やNPO法人が主催するオンラインコミュニティーや、地域が主催する集まりなど、さまざまな選択肢があります。自分に合ったコミュニティーを見つけ、積極的に参加することで、経験や感情を共有し、絆を深めていくことができるでしょう。

更年期はひとりで抱え込む必要はありません。同じ悩みを持つ仲間と支え合いながら、前向きにこの時期を乗り越えていきましょう。コミュニティーでの交流が、あなたの心の支えとなることを願っています。

ホットフラッシュに効果的な治療法

【漫画】ホットフラッシュの症状と対処法【天神先生監修】

更年期の代表的な症状であるホットフラッシュに対しては、ホルモン補充療法(HRT)や漢方薬、精神を落ち着かせるための安定剤など、さまざまな治療法が存在します。治療法の選択や併用については、医師との十分な相談の上で慎重に決定し、個人の症状や健康状態に合わせた最適な治療法を見出していくことが重要です。

【1】ホルモン補充療法

ホルモン補充療法は、更年期に低下したエストロゲンを体に補充する治療法であり、内服薬、貼り薬、ジェル状の塗り薬、経腟薬などの形態があります。特にのぼせ、ほてり、発汗といった更年期症状に対して高い効果が期待でき、開始から1~2カ月ほどで効果が現れ始めます。

一般的には2~5年程度の使用が推奨されていますが、5年で必ず中止しなければならないわけではありません。長期使用によるリスクと治療効果を考慮しながら、経過観察と検査結果をもとに継続の可否を判断します。また、いったん中止した後でも、必要に応じていつでも再開することが可能です。

過去には長期使用による乳がんリスクの上昇が懸念されていましたが、近年の研究では、ホルモン補充療法が乳がん発症に与える影響は、肥満やアルコール摂取、夜勤の仕事などと同程度の小さなものであることが明らかになっています。

【2】漢方薬での治療

漢方療法も更年期症状の緩和に有効であり、体質や症状に合わせて、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)などの漢方薬を選択します。

桂枝茯苓丸は、比較的体力のある人のホットフラッシュや頭痛に効果があります。当帰芍薬散は、冷え性で疲れやすい人のめまいや肩凝り、足腰の冷えなどに適しています。加味逍遥散は、虚弱体質で精神的な不安を抱える人のイライラ、落ち込み、不安、めまい、冷え性などに効果が期待できます。

漢方薬の処方は、2~3カ月使用した後に効果を確認し、十分な改善が見られない場合は処方内容を変更しながら、個人に最適な漢方薬を見つけていくという過程をたどります。

【3】エクオールの摂取

大豆イソフラボンの一種である「ダイゼイン」は、腸内細菌の一種であるエクオール産生菌によって「エクオール」という成分に変換されます。このエクオールには、エストロゲン様の作用があると考えられており、更年期症状の緩和に役立つ可能性が注目されています。

ただし、エクオールを腸内で生成できる人は、日本人の約半数にとどまるとされています。自身がエクオール産生能力を持っているかどうかを確認するには、「ソイチェック」という尿検査をおこなう方法があります。

エクオールの効果を最大限に引き出すには、日常的に大豆製品などの良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することが重要です。また、エクオール産生菌の活性を高めるために、食物繊維や発酵食品を意識的に取り入れ、腸内環境を整えておくことも役立ちます。

エクオール産生能力を持たない人の場合、サプリメントでエクオールを補うことも有効な選択肢ですが、サプリメントのみに頼るのではなく、普段の食生活でバランスの取れた栄養摂取を心がけることが大切です。

まとめ

ホットフラッシュは多くの更年期女性を悩ませる症状ですが、突然の発汗やほてりへの不安から症状が悪化してしまうこともあります。日ごろから対策グッズを準備しておくなど、症状への対応力を高めることで、不安が軽減され、症状自体も和らぐことがあります。

まずは、身近な対策グッズを試したり、生活習慣の改善に取り組んでみることをおすすめします。それでも症状がつらい場合は、我慢せずに婦人科を受診し、専門医とよく相談しながら、自分に合った治療法を見つけていくことが重要です。ホルモン補充療法や漢方薬、エクオールの摂取など、さまざまな選択肢の中から、個人の状況に応じた最適な方法を探っていきましょう。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

★関連記事:【漫画】更年期のめまいの原因・症状と対処法【高島先生監修】

★関連記事:更年期だからと我慢しないで!ホットフラッシュは改善できる【医師監修】

★関連記事:突然、襲ってくる大量の汗!ホットフラッシュとの闘いの日々にさよならできたのは【体験談】

イラスト/マメ美

あなたの体験談も教えて! 抽選でギフト券進呈

あるある!と思わず共感&読めば心が軽くなる!!大人気マンガ連載中!

大人気マンガ連載中 大人気マンガ連載中
  • 最初は推しだと思っていたのに…
    25歳年下男に騙された
    アラカンのミキ子さんが職場で出会った、気になる25歳年下の男性と過ごす日々を描いたマンガ。
    おにぎり2525 さん
  • 世代ギャップや結婚に悩んだ日々
    10 歳下の彼と付き合った話
    雑貨店の店長を務めるオムニウッチーさんがつづる、自身が経験した恋愛マンガ。10 歳下の彼との恋愛の結末は……。
    オムニウッチー さん
  • 何度言っても間違いを直さない夫に妻は
    察して欲しい妻と察せない夫
    何度言っても間違いを直らない夫と、そんな夫にイライラする妻。この夫婦の未来は……。夫婦関係を描いたマンガ。
    神谷もち さん
  • 熟年夫婦に離婚の危機?
    スマホ教室で不倫
    ブログのフォロワーが体験した、熟年夫婦と夫の不倫相手とのシニアの三角関係を描いたマンガ。
    はらぺこもんろー さん
  • オーナーのクセが強い!
    クセ強エステに通った話
    40代熟女のフワリーさんがエステサロンで脚痩せに挑戦。サロンがクセ強だったようで……。
    フワリー さん
  • クスッと笑えるアラフィフのリアル
    アラフィフの日常
    イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんによる、アラフィフ女子の日常についてのマンガ連載「アラフィフの日常」
    フカザワナオコ さん
  • ある日突然、解雇通達が!
    42歳独身無職になりました
    雑貨店の店長として働いていたオムニウッチーさん。ある日社長から社員全員の解雇が告げられて……。
    オムニウッチー さん
  • 念願の妊娠!でも夫との温度差を感じて…
    夫が気になるのはお金だけ?
    妊娠検査薬で陽性が出てお喜びした妻。でも夫の反応は違っていて……。フォロワーの体験を描いた連載マンガ。
    海原こうめ さん
  • 読者からの体験談をお届け!
    スカッと体験談
    読者からの体験談をお届けします。
    スカッと体験談 さん
  • 読者からの体験談をお届け!
    トーク系体験談
    読者からの体験談をお届けします。
    トーク系体験談 さん
  • 日々、老化を実感中!
    熟女系
    物忘れがひどくなってきた40代熟女のフワリーさんによるマンガ連載「熟女系」
    フワリー さん
  • 孫ラブおばちゃん
    五十路日和
    夫と2人暮らし。3児の母で、6歳の孫を溺愛中のおーちゃんさんによる50代の日常をつづるマンガ連載「五十路日和」
    おーちゃん さん
  • ステキなおばあちゃんを目指す!
    ときめけBBA塾
    マンガ家・イラストレーターの和田フミ江さんがステキなおばあちゃんを目指すマンガ連載「ときめけBBA塾(ばばあじゅく)」
    和田フミ江 さん
  • 倒れた父へ恩愛のと葛藤
    預金資産ゼロの父が倒れた話
    2児のママブロガーのエェコさんによる、倒れた父への愛や苦悩を描いたマンガ連載「預金資産ゼロの父が倒れた話」
    エェコ さん
  • くそ地味だけどハッピーな日々
    くそ地味系40代独身女子
    30代半ばで離婚して実家に出戻りした、40代独身マンガ家の大日野カルコさんによるマンガ連載「くそ地味系40代独身女子」
    大日野カルコ さん
  • 結婚も出産も興味ナシだった40代
    40代独身で突然母になる
    一人息子の母、アラフォー主婦のおにぎり2525さんが当時、小学生だったころの体験を叔母目線で描くマンガ連載。
    おにぎり2525 さん
  • 闘病をゆる~くつづる
    子宮頸がんゆる闘病記
    ライターのとりだまり まどさんが弱音を吐きつつゆるくつづる、子宮頸がんの記録「子宮頸がんゆる闘病記」
    とりだまり まど さん
  • 嫌の不倫で人生を狂わされて
    親の不倫で人生激変
    親の不倫は子どもにどんな影響を与えるのか。親の不倫で人生を狂わされた女性の体験談をマンガ化。
    マチ さん
  • 夫婦に忍び寄る黒い影
    投げ銭妻
    妻と息子の3人で暮らす平凡な家族。しかし、少しずつ妻の様子がおかしくなり…。はいどろ漫画さんによる連載マンガ。
    はいどろ漫画 さん
  • 婚約したばかりなのに…
    身勝手な姑と同居生活
    アラフォーの美幸さんが長男夫と婚約した後、すぐに同居することになった義父母との生活を描いたマンガ。
    鮎 さん
  • 真逆な嫁姑の2人劇
    元サレ嫁と元シタ義母
    シタ夫との泥沼離婚を経て再婚した元サレ妻のエコさん。今度は義母が元シタ妻だった……!
    サレ妻エコ さん
  • まさか私ががんになるなんて…
    放置してたら子宮体がんでした
    38歳で子宮体がんと宣告された、じろーさんの通院生活を描いたマンガ。
    じろー さん
  • アルツハイマー型認知症になった実母
    母の認知症介護日記
    アルツハイマー型認知症になった実母のことやアラフィフ主婦の日常をあれこれ書き連ねるマンガ連載。
    ワフウフ さん
  • 嫁姑問題や介護のあれこれ
    頑張り過ぎない介護
    完全同居している義母との嫁姑問題や介護の話をマンガにしているまる子さんの連載マンガ。
    まる子 さん
  • クセの強い夫とアラフォー女子の日常
    デブス女の修羅場
    ブロガーのぷよ子さんによる、年上の夫との赤裸々な日常を描いたマンガ連載「デブス女の修羅場」
    ぷよ子 さん
  • まだ手遅れじゃなかった!
    アラフォー双子の矯正日記
    双子で芸人をしているかなさんによる、36歳で歯列矯正を始めた体験を描いたマンガ連載「アラフォー双子の矯正日記」
    ☆まかりな☆かな さん
  • 痛みの正体は何!?
    帯状疱疹になりました
    2児の育児に奮闘するちくまサラさんが帯状疱疹になったときのことを描いたマンガ連載「帯状疱疹になりました」
    ちくまサラ さん
  • 不倫疑惑がきっかけでモラハラ夫に変身
    親子で夫と不倫女をボッコボコ
    単身赴任をきっかけに夫の様子が変わり…。夫の不倫に気付いた妻が子どもたちとともに夫と不倫相手を成敗! その方法は……。
    マチ さん
  • 私が子宮頸がんって本当!?
    子宮頸がんを乗り越えた話
    3姉妹を育てるマンガ家のはたの有咲さんによる、子宮頸がんが判明したときのマンガ連載「子宮頸がんを乗りこえた話」
    はたの有咲 さん
  • がんの闘病後、夫との関係に変化が
    子宮頸がんとレス
    食いしん坊のマンガ家、はたの有咲さんによる子宮頸がんと夫婦生活の悩みを描いたマンガ連載「子宮頸がんとレス」
    はたの有咲 さん
  • 腎がんの記録をつづる
    43歳で腎がんになった話
    3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガ連載「43歳で腎がんになった話」
    マメ子 さん
  • 外から見れば普通の家族でも実は…
    見えない地獄
    ごく普通の家庭だと思っていた夫。あのときまでは…。ドロドロ離婚を経験したガマ太郎さんが知人の体験を描いたマンガ。
    ガマ太郎 さん
  • ただの体調不良だと思っていたのに
    大腸がんと診断されるまで
    2018年に大腸がんが判明したしあすささんによる、診断を受けるまでを描いたマンガ連載「大腸がんと診断されるまで」
    しあすさ さん
  • ガラケーからなぜiPhoneに!?
    お姑さんiPhoneデビュー
    アラフォー専業主婦のもちごめさんによるお姑さんのiPhoneデビューをつづったマンガ。
    もちごめ さん
  • 子どもと夫に振り回されて
    鬼ばば母ちゃんの波乱万丈記
    4人の子どもの独立と同時に離婚を経験したマツキヨコさんによるマンガ連載「鬼ばば母ちゃんの波乱万丈記」
    マツキヨコ さん
  • 過多月経で重度の貧血
    子宮筋腫で開腹手術
    高齢母と2人暮らしの菜留子さんが体験した、子宮筋腫の開腹手術についてのマンガ。ある日貧血で倒れて婦人科を受診すると……。
    菜留子 さん
  • 「おばちゃん」って呼ぶ人、呼ばない人
    おばさんってダメですか?
    2人の女児を育てる元ライター&編集者のらっさむさん。アラフォー目線で「おばさんってダメ?」を描くマンガ連載。
    らっさむ さん
  • 看護師として、母としての日々
    看護師でシングルマザーな私の話
    自閉症スペクトラムの息子を持つシングルマザー。看護師として日々働く日常を描く連載マンガ「看護師でシングルマザーな私の話」
    まゆん さん
  • 身近に潜む恐怖に戦慄!
    詐欺に遭いかけた話
    2児のママブロガーのエェコさんによる、詐欺業者が家にやって来たときのことを描いたマンガ連載「詐欺に遭いかけた話」
    エェコ さん
  • このふくらみは一体何?
    できもの摘出騒動
    ある日、すねの違和感に気付いたちくまサラさん。原因不明のできものに悩まされて……。
    ちくまサラ さん
  • 小さいゴミのようなものが見え始めて
    飛蚊症で検査してもらった話
    視界にゴミのようなものが見え始めたちくまサラさん。調べると飛蚊症らしいとわかり、眼科に検査に行くことになり……。
    ちくまサラ さん
  • お姑さんがまさかのご近所に!?
    お姑さんが引っ越してくる
    1歳下の夫と実母と3人で暮らす、アラフォー専業主婦のもちごめさん。ある日、突然お姑さんが近所に引っ越してくると聞いて…!
    もちごめ さん
  • 思春期の子どもに彼を会わせて良いもの!?
    シングルマザーの私と彼と子どもたち
    交際5年の彼がいるシングルマザーのひよっこさん。子どもたちには内緒のお付き合いだったのが彼と子どもたちが急接近して…。
    ひよっこ さん
  • まさか19年後に離婚するなんて…
    産後クライシスで離婚
    この人ならすてきな家庭が築けると思っていた……。19年一緒にいた人と離婚した40代ワーキングマザーのかめ子によるマンガ。
    かめ子 さん
  • アラフィフのささやかな思いのたけ
    アラフィフ主婦ちゃんねる
    夫と2人で暮らすアラフィフ主婦へそさんによる夫婦の日常や病気など日々の気付きを描いたマンガ連載「アラフィフ主婦ちゃんねる
    へそ さん
  • 突然、知らない男性に声を掛けられ…
    不審人物と遭遇
    ある日、変わった雰囲気の男性から声を掛けられたアラフォー主婦の安田ふくこさん。男が笑いながら追いかけてきて…。
    安田ふくこ さん
  • 無法地帯のVIOを全刈りしたい
    VIO脱毛とシミ取り
    シミと肝斑が気になっていたポメさん。そしてVIOは手付かずだったため、VIO脱毛とシミ取りを始めることを決意して……。
    ポメ さん
  • まさに青天の霹靂
    お金がかかるときに夫が…
    これから子どものことでお金がかかるというときに夫からまさかのひと言が! 妻は夫のために何を言えたら正解なのかを悩み……。
    安田ふくこ さん
  • 何でも放置する夫にムカッ!
    夫婦バトル
    40代熟女のフワリーさん夫婦。しょうもないことが原因で夫婦喧嘩が勃発して……。
    フワリー さん
  • 今日から私はパートタイマー!
    私はパートのオバちゃんです
    7歳差の兄弟を育てるワーママのyokaさんによるスーパーのあれこれを描いたマンガ連載「私はパートのオバちゃんです」
    yoka さん
  • 飲み込みにくさとしゃべりにくさに悩み
    体調が急激に悪くなった話
    3児の母であるけえこさんによる謎の体調不良に襲われた経験を描いたマンガ連載「体調が急激に悪くなった話」
    けえこ さん
  • 結婚するまでの恋愛遍歴
    若かりしころの恋
    40代熟女、二児の母のフワリーさんがつづる恋愛マンガ。夫と結婚するまでどんな恋愛遍歴をたどってきたのかというと……。
    フワリー さん
  • 夫と2人で歩む日々
    夫とともに四半世紀
    温和で真面目な夫と東北に暮らするるさんによるマンガ連載「夫とともに四半世紀」
    るる さん
  • 高齢ドライバーの父とのバトル!
    踏み間違い事故のリアル
    タイ好きなむらいひとみさんによる、危ない運転をおこなう高齢ドライバーの実父との経験を描いたマンガ連載「踏み間違い事故のリ
    むらいひとみ さん
  • 若いころとのギャップが!
    アラフォー絵日記
    アラフォーとなり20代、30代との違いを実感する日々をつづったマンガ連載「アラフォー絵日記」
    村澤綾香 さん
  • 終日休みなのは盆と正月だけ!
    旦那がブラック企業から転職
    看護師でブロガーの秋山はなさんによる、休みなくブラック企業で働く旦那の転職について描いたマンガ。旦那の転職はどうなる!?
    秋山はな さん
  • ただの胃炎だと思っていたけれど
    胃炎じゃなくて胆石だった話
    30年以上も胆石の痛みを胃炎だと勘違いしていたKuma*Kumaさんによるマンガ連載「胃炎じゃなくて胆石だった話」
    Kuma*Kuma さん
  • 私は発達障害なの?
    私ってアスペルガーなんちゃらかも
    子どもの面談がきっかけで大人の発達障害と向き合ったゆーとぴあさんによるマンガ連載「私ってアスペルガーなんちゃらかも」
    ゆーとぴあ さん
  • 実家&義実家の墓問題!
    墓じまいできるかな?
    マンガ家の和田フミ江さんの、実家&義実家の墓じまいについて。いざ始めてみると、大変なことや知らないことがいっぱいで……。
    和田フミ江 さん
  • 私も母と同じ乳がんに?
    乳がん検診でしこりが見つかった話
    ブロガーのエェコさんによる、乳がんの検診でしこりが見つかった体験を描いたマンガ連載「乳がん検診でしこりが見つかった話」
    エェコ さん
  • 恋をしたわが子への思い
    わが子が恋をしたとき
    3児の母で孫を溺愛するおーちゃんさんによる、わが子が恋をしたときの思いをつづるマンガ「わが子が恋をしたとき」
    おーちゃん さん
  • 23年も我慢していた!?
    リアルタイム離婚問題
    子ども3人と夫1人と暮らすアラフィフ在宅ワーカーのよもぎさんによる、離婚を模索するマンガ。結婚23年の夫婦の結末は……。
    よもぎ さん
  • どうしてこんなにつらいの!?
    体調不良から脱却したい
    3姉妹の育児に奔走するブロガーのいちまついと子さんが自分の体調不良と向き合うマンガ連載「体調不良から脱却したい」
    いちまついと子 さん
  • もうすぐ臨月なのに!?
    年末年始痔になった話
    ブロガーでマンガ家の加藤かとさんによる妊娠中の痔の体験を描いたマンガ連載「年末年始痔になった話」
    加藤かと さん
  • いろいろ気にして日々戸惑う
    アラフォーの気にし過ぎな毎日
    人付き合いが苦手で、いろいろ気にし過ぎなアラフォーのあさりさんによる連載マンガ「アラフォーの気にし過ぎな毎日」
    あさり さん
  • 私の記録が誰かのために
    乳がん絵日記
    2021年に乳がんが判明し闘病を続ける、こほこさん。自分の治療経験をつづったマンガ連載「乳がん絵日記」
    こほこ さん
  • 鼻の奥がツーンとする原因は…
    天気痛に悩んだ話
    一児の母のなつきちさん。数年前から天気の悪い日に鼻の奥が痛み、その痛みが目の奥や頭にまで起こる症状に悩まされて……。
    なつきち さん
  • ダイエットや美容に奔走
    キレイな40代になりたい
    ママイラストレーターのきびのあやとらさんが、ダイエットや美容などアラフォーならではの課題を解決するべく奔走する連載マンガ
    きびのあやとら さん
  • 夫婦ともに健康が気になるお年ごろ
    ババアは健康になりたい
    管理栄養士として食事や栄養について紹介しているブロガーのババアさんによるマンガ連載「ババアは健康になりたい」
    ババア さん
  • 腑に落ちない出来事が…
    人間ドックで指摘された子宮筋腫
    グラフィックデザイナーで一児の母のなつきちさん。子宮筋腫持ちのため、人間ドックで相談しようと思ったらまさかの展開が……。
    なつきち さん
  • 更年期のもろもろをゆる~くつづる
    脱力系ゆる更年期日記
    更年期イラストレーターのやましたともこさんによる、更年期のもろもろをゆる~くつづったマンガ連載「脱力系ゆる更年期日記」
    やましたともこ さん
  • なかなか解約できず…
    老親の通販トラブル
    40代熟女のフワリーさんの父が通販でクリームを購入。それが定期購入だったとわかり、解約しようと思ったのですが……。
    フワリー さん
  • アラフォーならではのあるある!
    アラフォー店長のつぶやき
    雑貨店で店長として働くオムニウッチーさんがつづるアラフォー女子ならではのあるあるマンガ連載「アラフォー店長のつぶやき」
    オムニウッチー さん
  • 乳がんの治療記録
    40歳独身で乳がんになりました
    40歳で乳がんの告知を受けた島野たみこさんの、乳がんの体験を描いたマンガ連載「40歳独身で乳がんになりました」
    島野たみこ さん
  • 老眼になっても息子の成長は見逃さない
    40代親バカ母
    高齢出産のダメージを残しつつ、息子と走り回れるよう体力作りに邁進中のきりぷちさんが描く連載マンガ「40代親バカ母」
    きりぷち さん
  • アラフィフの身に起こること
    アラフィフ雑記帳
    アラフィフ母の身に起こる日常を絵日記にして紹介するマンガ連載「アラフィフ雑記帳」
    フィフママ さん
  • ポンコツな40代の日常
    40代ポンコツ街道
    ブロガー時々イラストレーターの中村こてつさんによる、加齢で加速するポンコツな日常を描く連載マンガ「40代ポンコツ街道」
    中村こてつ さん
  • メンタル弱めです
    40代豆腐メンタル
    豆腐並みに崩れやすいメンタルなかめまるさんによる、日常の何げない笑える日常を描いた連載マンガ「40代豆腐メンタル」
    かめまる さん
  • 妊活中だけど更年期なので閉経疑惑が…!
    妊活中だけど閉経しました
    モラ夫と離婚し2児の男の子を連れ18歳年下夫と再婚! モラ夫と離婚しても案外幸せ!
    RIN さん
  • アラフォーならではのアレコレ
    アラフォーだもの
    体力の衰えがシャレにならないエッセイマンガ家&イラストレーターの小豆だるまさんがつづるマンガ連載「アラフォーだもの」
    小豆だるま さん
  • アラフィフ母の日常
    生まれて半世紀
    気付けば生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさんによる連載マンガ「生まれて半世紀」
    月野まる さん
  • こじらせ女子がアラフォー婚
    アラフォー女子が10年ぶりに恋をした
    エッセイマンガ家のかとひとさん。恋愛こじらせアラフォー女子のかとひとさんが結婚するまでのマンガ連載。
    かとひと さん
  • 彼氏なし!アラフォー独身女子
    アラフォーオタク女子
    自称、永遠の中二病オタク、彼氏なしのアラフォー独身女子のコメコパンさんによるマンガ連載「アラフォーオタク女子」
    コメコパン さん
  • 体のあちこち気になるお年ごろ
    ナナイロのアラフォー
    体のあちこちが気になるようになってきたイラストレーターのナナイロペリカンさんによるマンガ連載「ナナイロのアラフォー」
    ナナイロペリカン さん
  • 40代の日々をつづる
    40代ダイアリー
    13歳&9歳子鉄兄弟の母で、日々のささいなできごとなどをマンガにしている山田黒蜜さんのマンガ連載「40代ダイアリー」
    山田黒蜜 さん
  • 36歳でチアダンス講師に!
    44歳チアリーダー
    イラストレーターであり、チアダンスの講師でもあるサトウユカさんによる元気になるマンガ連載「44歳チアリーダー!」
    サトウユカ さん
  • めっちゃ更年期やん、私
    私、もうすぐ閉経します
    パート保育士として働く二児の母、自己肯定感ゼロのみりんぼしさんによる連載マンガ「私、もうすぐ閉経します」
    みりんぼし さん
  • とんでもない勘違いをした父
    娘の友達が自分に気があると思い込んだ父がヤバすぎる
    フォロワーさんの体験談を漫画化し人気の土井真希さんが手がける「娘の友達が自分に気があると思い込んだ父がヤバすぎる」
    土井真希 さん

更年期のお悩み 週間人気記事ランキング

更年期のお悩み 新着記事

店長の機嫌に振り回される日々。仲がよかったはずのスタッフに対しての当たりが強くなった理由は

ケーキ屋で働いている私の友人と、退職した女性店長との間に起こった話です。元店長はフレンドリーでお客様からの人気もあったのですが、気分屋な面もありました。 …

「汗、止まって!」汗がダラダラ恥ずかしい!ホットフラッシュで化粧が落ち寝汗もびっしょり【体験談】

更年期といえば、いろいろな症状がありますが、私が体験したのはホットフラッシュ。急に顔が熱くなり、ダラダラと汗が止まらないのです。これまでに体験したホット …

「ママ、口が臭い…」50代で気になり始めた口のネバつき、乾きの原因に驚き!【体験談】

50代になった私が悩まされるようになったのは、口の中の渇き。喉が渇くのではなく、口が渇くのです。口の中のトラブルというと、これまでイメージするのは口内炎 …