「アラフィフからの挑戦!」好きを仕事に変える在宅ワークとの出合い 【体験談】

「アラフィフからの挑戦!」好きを仕事に変える在宅ワークとの出合い  【体験談】

私は、好きなことが仕事につながったらなんてすてき!とよく考えます。今の仕事に特別不満があるわけじゃない。でも、自分の好きな分野で仕事ができ、それで収入が得られるようになったとしたら…… 。きっと今より充実した日々になるのでは?と考えるだけでワクワクします。在宅ワークという働き方。この働き方に出合ったことがワクワクの日々へとつながっていきました。

在宅ワークとの最初の出合い

私はマイホームを建てたときに自宅の庭作りを始めたのがきっかけで、植物の魅力にどんどんハマり、新たな好きを発見しました。そして、 いつしか植物に携わる仕事がしたい!と強く思うように……。そうなると、エンジン全開で仕事につなげるための猛アタックを開始。園芸店などに片っ端からスタッフを募集していないか聞いて回る日々でした。普段はそんなに積極的な性格ではないのに、どこからそんなパワーが沸いて出たのか自分でも不思議なくらいです。

多くのアタックを繰り返していたところ、多肉植物を生産している会社での求人募集があって勤務することになりました。この会社で数年、育て方のノウハウを学び、すっかり多肉植物の魅力にハマった私は、今度は自分でアレンジメントを作って販売してみたい!と思うように。

こうなると、またまたエンジンは全開です。商いの知識などまったくない素人でしたが、熱意だけはあったので周りの人たちによく話をしていました。すると知人に販売先を紹介してもらえることになったのです。副業として始めた多肉植物のアレンジメントの販売が在宅ワークの最初の1歩でした。

在宅ワークを本格的に目指すようになったわけ

最近、1つの企業に就職し、そこからの収入だけで生活するという働き方に疑問を持つようになりました。その原因のひとつは、例えば人間関係のトラブルに巻き込まれて続けられなくなったり、会社から突然放り出されたりする事態が起きたら、そこから先、今すでにアラフィフの私は自活して生きていけるのか?という不安が大きくなってきたことです。今まで多くの人間関係のトラブルに振り回されてきたことにも疲れを感じていました。

そんなとき、在宅ワークという働き方が増えていることを知りました。すでに多肉植物のアレンジメント販売という在宅ワークはおこなっていましたが、パソコンを使っての在宅ワークにも興味津々。ネットで「在宅ワーク支援」と検索してある仲介事業所を知り、そこでしっかり在宅ワークについて学び、実際に業務を体験しました。この体験を通して自信が付いた私は、本格的に在宅ワークを始めてみようと決心。1本型の働き方から3つの仕事を掛け持ちする分散型の働き方へと移行したのです。

新たな好きを発見し、仕事へつなげる

在宅ワークの最初の1歩となった多肉植物やドライフラワーを使ったアレンジメント制作などを仕事につなげられるようになってから10年くらいになります。そして最近になってまた、新たな好きを発見! 仲介業者での在宅ワークセミナーを受講したことがきっかけとなり、文章を書くということが好きなんだと気付きました。そこで募集されていたライターの仕事に応募したことがWEBライターの仕事をスタートするきっかけとなりました。そして仲介業者がおこなっていたイベントで出合った企業とのつながりで、もともと副業という形でおこなっていた多肉植物アレンジメントの販売を広げてみるという新たなチャレンジも始まりました。

好き!を発見してそれを仕事につなげられることは、とても幸せなこと。1歩踏み出す勇気と諦めない気持ち。これがあれば好きを仕事につなげることは、それほど難しくも叶わない夢でもないような気がしています。

まとめ

私にとっては在宅ワークという働き方が、好きを仕事に変える道となりました。強く思って行動していると、情報や人脈などを引き寄せ、チャンスが巡ってくることもあると聞きます。ここで挑戦してみるか、躊躇してチャンスを逃してしまうか、この選択が大きな分かれ道だとも聞きます。

                                                            私の場合、こういうチャレンジの積み重ねで「好きを仕事につなげる! 」 そんなチャンスに巡り合わせてもらえたような気がします。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

イラスト/村澤綾香

★関連記事:猛烈な睡魔との闘い!家事と仕事の両立のため無理なく続けられた体づくり

★関連記事:「何か仕事がしたい…」41歳で出産を機に退職した私がまさかの開業

★関連記事:いくつになっても新しいことは始められる! 52歳にしてベビーシッターの仕事をスタート【体験談】

あるある!と思わず共感&読めば心が軽くなる!!大人気マンガ連載中!

大人気マンガ連載中 大人気マンガ連載中
  • 腎がんの記録をつづる
    43歳で腎がんになった話
    3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガ連載「43歳で腎がんになった話」
    マメ子 さん
  • 孫ラブおばちゃん
    五十路日和
    夫と2人暮らし。3児の母で、6歳の孫を溺愛中のおーちゃんさんによる50代の日常をつづるマンガ連載「五十路日和」
    おーちゃん さん
  • 日々、老化を実感中!
    熟女系
    物忘れがひどくなってきた40代熟女のフワリーさんによるマンガ連載「熟女系」
    フワリー さん
  • ステキなおばあちゃんを目指す!
    ときめけ!BBA塾
    マンガ家・イラストレーターの和田フミ江さんがステキなおばあちゃんを目指すマンガ連載「ときめけ!BBA塾(ばばあじゅく)」
    和田フミ江 さん
  • クスッと笑えるアラフィフのリアル
    アラフィフの日常
    イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんによる、アラフィフ女子の日常についてのマンガ連載「アラフィフの日常」
    フカザワナオコ さん
  • アラフィフ母の日常
    生まれて半世紀
    気付けば生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさんによる連載マンガ「生まれて半世紀」
    月野まる さん
  • 若いころとのギャップが!
    アラフォー絵日記
    アラフォーとなり20代、30代との違いを実感する日々をつづったマンガ連載「アラフォー絵日記」
    村澤綾香 さん
  • アラフィフの身に起こること
    アラフィフ雑記帳
    アラフィフ母の身に起こる日常を絵日記にして紹介するマンガ連載「アラフィフ雑記帳」
    フィフママ さん
  • ポンコツな40代の日常
    40代ポンコツ街道
    ブロガー時々イラストレーターの中村こてつさんによる、加齢で加速するポンコツな日常を描く連載マンガ「40代ポンコツ街道」
    中村こてつ さん
  • 更年期のもろもろをゆる~くつづる
    脱力系ゆる更年期日記
    更年期イラストレーターのやましたともこさんによる、更年期のもろもろをゆる~くつづったマンガ連載「脱力系ゆる更年期日記」
    やましたともこ さん
  • くそ地味だけどハッピーな日々
    くそ地味系40代独身女子
    30代半ばで離婚して実家に出戻りした、40代独身マンガ家の大日野カルコさんによるマンガ連載「くそ地味系40代独身女子」
    大日野カルコ さん
  • アラフォーならではのあるある!
    アラフォー店長のつぶやき
    雑貨店で店長として働くオムニウッチーさんがつづるアラフォー女子ならではのあるあるマンガ連載「アラフォー店長のつぶやき」
    オムニウッチー さん
  • 36歳でチアダンス講師に!
    44歳チアリーダー
    イラストレーターであり、チアダンスの講師でもあるサトウユカさんによる元気になるマンガ連載「44歳チアリーダー!」
    サトウユカ さん
  • こじらせ女子がアラフォー婚
    アラフォー女子が10年ぶりに恋をした
    エッセイマンガ家のかとひとさん。恋愛こじらせアラフォー女子のかとひとさんが結婚するまでのマンガ連載。
    かとひと さん
  • 彼氏なし!アラフォー独身女子
    アラフォーオタク女子
    自称、永遠の中二病オタク、彼氏なしのアラフォー独身女子のコメコパンさんによるマンガ連載「アラフォーオタク女子」
    コメコパン さん
  • 体のあちこち気になるお年ごろ
    ナナイロのアラフォー
    体のあちこちが気になるようになってきたイラストレーターのナナイロペリカンさんによるマンガ連載「ナナイロのアラフォー」
    ナナイロペリカン さん
  • アラフォーならではのアレコレ
    アラフォーだもの
    体力の衰えがシャレにならないエッセイマンガ家&イラストレーターの小豆だるまさんがつづるマンガ連載「アラフォーだもの」
    小豆だるま さん
  • 40代の日々をつづる
    40代ダイアリー
    13歳&9歳子鉄兄弟の母で、日々のささいなできごとなどをマンガにしている山田黒蜜さんのマンガ連載「40代ダイアリ
    山田黒蜜 さん

生活・その他カテゴリの最新記事