下半身の冷えとむくみ解消のためにやった3つのこと【体験談】

下半身の冷えとむくみ解消のためにやった3つのこと【体験談】

40代半ばを過ぎた最近では、上半身は熱いのに下半身は冷えて、脚がパンパンになり、むくみもひどくなってきました。このままだといけないと思い、一念発起して私が実践したむくみ解消法を紹介します。

黒糖でむくみを解消して健康的に!

年齢と共に、下半身が重くなってきて、脚のむくみが数日間取れなくなってきました。疲れやだるさはある程度、睡眠を取れば解消できますが、脚のむくみは寝ても解消されず、体型もなんとなく下半身太りのようになり、自分でもビックリ。でも、理由はわかっていました。一つは仕事で1日中パソコンと向き合って、同じ姿勢で作業していることです。もう一つは、お昼も時間がもったいないからとカップラーメンでサッと済ませてしまうことが多く、塩分の取り過ぎにもなっていました。

これではおしゃれが楽しめなくなると危機感を感じつつ、そろそろ運動でもしなくちゃと思っていたころ、たまたま健康系のテレビで「黒糖に塩分排出効果がある」というのを見て、早速黒糖を買いに行きました。黒糖は角砂糖くらいのサイズのものを1日2~3個食べるようになって感じた変化は、お菓子をあまり食べなくなったことです。お菓子は甘いものも、しょっぱいものも好きですが、黒糖を食べるようになってから、なぜか食べなくなりました。私のお気に入りの黒糖の食べ方は、コーヒーを飲みながらそのままいただくスタイルです。

1週間から10日くらいで疲れもあまりたまらなくなり、下半身のむくみが取れ、スッキリとした足になってきました。ネットで調べてみると、黒糖に含まれるカリウムはナトリウムを体の外に出しやすくする作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節するのに役立つようです。さらに、黒糖にはミネラルやビタミンが豊富に含まれていて、天然オリゴ糖のラフィノースは、腸内環境を整え善玉菌を増やし、健康にも良い成分が含まれていたのです。

冷えは万病のもと!湯舟に浸かって体を温める

毎日湯舟に浸かり、脚をマッサージすることでも脚のむくみ解消ができました。もし湯舟に浸かれない場合は、シャワーを脚にかけたり、足湯だけでも体が温かくなる効果を感じました。

また、食事の際に冷たいものから食べるのではなく、温かい汁物から食べるようにしました。こうすることで体全体が温まることを実感しています。そして、年中起床後には、すぐに白湯を飲むようにしています。温かい白湯を飲むことで、体がぽかぽかしてきます。

朝のウォーキングで脚のむくみがスッキリ!

私が習慣化したことがもう一つあります。それが朝のウォーキングです。ランニングはしんどいですが、ウォーキングなら気分転換にもなりますし、続けられそうだからという理由で始めました。適度な運動を継続することで筋力がつき、体の血行もよくなり、すぐに脚のむくみが解消されました。同時に、朝に運動することでしっかりと脳が目覚めて、その後の仕事もはかどります。

また、ウォーキングした日には、なぜか夜もぐっすり眠ることができるようになって一石二鳥でした。今は、お天気の日の良い日には、夫婦でウォーキングをすることが日課となりました。ウォーキングを続けるようになってから、ママ友に姿勢がよくなったね、と言われるようになりました。どうしても、パソコン作業は姿勢が悪くなりがちだったので、それも解消できていいことづくめです。

まとめ

どちらが効果があったのか、はたまたどちらも効果はないのかエビデンス的なことはわかりませんが、この2つを続けることによって、私のむくみは解消されました。他に始めたことはなかったので、私には合っていたのかもしれません。ただ、糖分の取り過ぎには気をつけたいと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事