老け顔防止!若々しさキープの秘けつは首のシワ改善だった!【体験談】

老け顔防止!若々しさキープの秘けつは首のシワ改善だった!【体験談】

年々肌の衰えが気になり出しスキンケアには力を入れていたのですが、首のケアはまったくしていませんでした。首は年齢が出やすいとは知っていたけれど、まだまだ自分には無縁だと思っていたのが大間違いでした。パッと見では首にシワはないので、顔のシミやシワ、くすみのほうばかり気にしていたのです。なんとなく顔の印象が老けてきたなぁとは思っていたのですが、その原因は顔だけでなく首にあったのです。

お風呂上がりのスキンケアで首の老化サインを発見

アラフィフになって肌のトラブルが増え始め、シミ、シワ、くすみ対策に奮闘していたある日のことです。お風呂上がりに鏡に向かってスキンケアをしているときに少しあごを引いた瞬間、首に細かいシワができることに気が付きました。あれ?っと思って親指と人差し指でのど仏の辺りをつまんでみると、見るのも嫌になるほどの細かいシワが多数できているではないですか! その上、指を離しても細かいシワはすぐには消えず、シワシワの状態に。おばあちゃんそのもの!って感じのシワシワな首にがく然としました。

指を離してしばらくするとシワはなくなるのですが、肌のツヤやハリがなくなっている事実は明らかでした。お風呂上がりの肌って昼間よりもみずみずしく感じられるはずなのに、このシワシワはかなりショックでした。いつも一緒にスキンケアをしている中学生の娘の首をつまませてもらったのですが、まったくシワができないのです。やっぱり老化はどうしようもないのかな……とあきらめかけたのですが、中学生の娘と出かけるのが楽しみの1つなので、一緒に歩いても恥ずかしくないように少しでも改善してハリを取り戻したいと思うようになりました。

首だって保湿が必要!念入りにケア

顔には首のようなシワは見られないのでスキンケアの効果が出ていることを確信し、「首と言ってもしょせんは顔の続きなのだから、顔と同じようにケアをすれば改善するのでは?」と考えました。実はこれまでも顔のスキンケアをする際に手のひらに残った化粧水や美容液をもったいないからという理由で首に塗ってはいました。しかし、そんなおまけのような量では足りなかったのだと反省。化粧水も美容液も乳液もジェルも、顔に塗ったあとに改めて首用に手のひらに取ってたっぷりと塗るようにしました。そして、最後に保湿成分を逃がさないようにワセリンを塗ってフタをし、ワセリンが寝具に付くのを防ぐためにタオルを首に巻いて就寝。

翌朝起きると、首はべたつかずにさらっとしており、洗顔後のスキンケアの際に首にも化粧水、美容液、乳液を塗りました。念入りに朝晩の首ケアをおこなうようになって2週間ほどたつころには、指でつまんでシワができても指を離せばすぐに消えるようになってきました。

ながらスキンケアで首のストレッチ

私はせっかく改善してきた首のシワが、油断してスキンケアを怠った途端に元に戻ってしまうことを恐れていました。そこで、首シワの原因と思われる老化の進行を少しでも遅らせたい!と、スキンケアに自己流の首のストレッチを追加することにしました。難しいことや時間と手間のかかることは長続きしない性格なので、簡単に続けられることを考えて「ながらスキンケア」をすることにしました。化粧水や美容液を首に塗り広げながら天井のほうを向くと首が伸びます。その状態で下唇を上唇にかぶせてなめるようにすると一層首が伸びるのがわかります。これを首のスキンケアの間、続けるようにしました。

首をストレッチしながらスキンケアをおこなうと、「ああ、ケアしてるなぁ~」と実感できてさらにやる気が出てきました。そして鎖骨のマッサージもおこなうように。鎖骨の上のくぼみ辺りに鎖骨リンパ節があると聞いたことがあるので、首のハリに効果があるかもしれないと思ってのことでした。

まとめ

首のスキンケアを始めてから1カ月、ストレッチも追加してからは2週間がたちました。あごを引いただけでは首にシワができなくなり、のど仏の辺りを指でつまんだときにできる細かいシワもだいぶ少なくなりました。暑くなってきたので、夜のワセリンとタオルを巻いて就寝するのはお休みしていますが、化粧水と美容液、乳液の塗布とストレッチは続けています。肌触りもしっとりとしてきて、老化を食い止められているのかなと実感!! 目標は指でつまんでもシワが寄らないようにすること! まだまだ時間はかかりそうですが、年齢が出やすい首なので、顔のスキンケアだけでなくこれからも首のケアを続けて老け顔の防止をしていきたいと思いました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事