インナードライ肌が改善!皮膚科医にすすめられた年齢肌ケア【体験談】

インナードライ肌が改善!皮膚科医にすすめられた年齢肌ケア【体験談】

49歳になったばかりのころの話です。寝る前のスキンケアを開始しようとしたところ、なんとなく肌のくすみが気になったので、いつも使っていたピーリングジェルで角質を落としました。そして、そのあと新しく買ったナイトクリームを試しながらスキンケアをして寝たのですが……。翌朝起きて鏡を見ると、顔全体が赤く腫れていたのです。

年齢肌に皮脂の取り過ぎは禁物だった!

ピーリングをしたあとで新しいナイトクリームを塗って寝たら、翌朝顔が腫れていました。赤い箇所はかゆみがあり熱も持っていたので、使ったことのないクリームでアレルギーが起きたかもしれないと驚き、すぐにそのクリームを持って皮膚科に駆け込みました。しかし、パッチテストの結果は陰性。「それならどうして……?」と尋ねたところ、先生に「ピーリングで肌を守る皮脂を取り過ぎたかもしれません」と言われました。

先生によると、更年期世代は何もしなくても自然に肌のバリア機能が低下していくとのこと。それなのにピーリングなどで皮脂や角質を落とし過ぎると肌がさらに敏感になり、普段はなんの問題もない化粧水やクリームでさえ、今回のような症状を起こす場合があるようでした。ただ、症状のない場所を見ると、乾燥しているのに表面が皮脂でベタついているので、私の肌はインナードライ状態だっただろうとも言われました。

そのため肌の状態が不安定なので、日々のスキンケアを見直してみると良いとのこと。私の肌におすすめのスキンケア方法を教えてもらい、ロコイド軟膏を3日間塗りながら様子を見ることになりました。

肌タイプに合わないスキンケアはやめる

まず先生に言われたのは、「アイテムを敏感肌用で保湿重視のものにすること」と「水分保持を第一に考えること」。敏感肌用のおすすめのスキンケア商品としては、ラ ロッシュ ポゼのトレリアンシリーズを紹介されました。そして水分保持に関して、洗顔後と入浴後は顔に付いた水分が蒸発する前にできるだけ早くケアをし、ケアの最後はクリームやオイルなどでフタをするようにとのことでした。

次に言われたのが「皮脂を取り過ぎるケアはやめること」です。例えば私の肌の状態を考えると、化粧を落とすクレンジング以外に洗顔フォームなどを使う必要はないそうです。つまり、ダブル洗顔はやめ、朝の洗顔も水かぬるま湯だけでおこなう。これだけでも少し良くなるだろうと言われました。

それから、クレンジングはオイルのものはやめ、ミルクかクリームタイプを使うと良いとも教えてもらいました。オイルクレンジングはどちらかというと洗浄力の高いものが多いので、敏感肌用の特別なものでない限り、今はやめておいたほうが良いとのことでした。もちろん、今回の症状が出るきっかけになったピーリングも、肌が落ち着くまではおこなわないほうが良いと言われました。

ピーリング禁止?角質オフはどのように?

ただ、ピーリングが使えないとなると、心配なのは角質です。最近、肌のくすみやごわつきが気になり始めていましたし、化粧水も以前のようには肌に入っていかないと感じていたからです。

すると先生は、ふき取り専用の化粧水をコットンにたっぷり付けて、肌の上をやさしく滑らせるだけでも古い角質が落とせるというのです。強くこすったり音が出るほどパッティングするのは良くないけれど、化粧水を十分に含ませたコットンで丁寧にやさしくタッチしていくことで、そのあと使う通常の化粧水などのスキンケアアイテムが入りやすくなるとのことでした。こちらも敏感肌でも問題が起きづらいからと、ラ ロッシュ ポゼの「ミセラークレンジング ウォーター」をおすすめされました。

私はすぐにでも試してみたい衝動を抑え切れず、その日の帰宅途中にすすめられたトレリアンシリーズの「薬用モイスチャーローション」(約4,000円)、セラミド配合の「トレリアン センシティブ」(約4,000円)、「ミセラークレンジング ウォーター」(約3,000円)」を購入して帰りました。そして顔の症状が治まったあとで、さっそく新しいケアを試してみることにしたのです。

そうすると、3日目ごろからなんとなく乾燥がマシになった気がしました。1週間が過ぎたころ、肌が以前のように脂っぽくないことに気が付きました。2週間たつと、化粧水が以前より入っていく感覚がありました。そして1カ月が過ぎると、肌が柔らかく感じられるようになったのです。たった1カ月で改善が見られるとは、以前はどれほど乾燥していたのでしょうか……。

まとめ

年齢を重ねると、スキンケアまでこれまでの方法が合わなくなることがあるということに驚きました。ただ、年を取ったから、ピーリングができないからとゴワゴワになった肌をあきらめるのではなく、方法を変えることで解決できることがまだまだあるんだと勉強になりました。

インナードライは寝不足や偏った食生活など生活習慣が原因になることもあるそうなので、こちらも気を付けています。あれ以来、教えてもらったスキンケア方法を続けていますが、先生によるとインナードライはほぼ改善したそうです。また先生には、乾燥する季節は特にこまめに水を飲んだり加湿器を使ったりすると良いというアドバイスももらったので、これからはスキンケア以外の方法も意識しながら、年齢肌と向き合っていきたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事