アラフォー女子の初挑戦!不器用な私のセルフカット奮闘記!【体験談】

アラフォー女子の初挑戦!不器用な私のセルフカット奮闘記!【体験談】

コロナ禍による自粛生活の影響で美容院に行きづらくなり、不器用な私が40歳を過ぎて初めてのセルフカットに挑戦しました。YouTubeでセルフカットの動画を探しまねをしてカットするのですが、最初のうちは左右がそろわなかったり、仕上がりが思ったのと違ったり……。なかなかうまくいきませんでした。しかし、ある1本の動画に出合ったことでそれなりのカットができるように。これは半年間にわたる私のセルフカット奮闘記です。

自粛生活中、伸び切った髪に悩む

定期的に美容院に行って髪をカットするのが当たり前だった私。ところがコロナ禍で美容院に行くことをためらうようになりました。そのうちに、いつも担当してくれていた美容師さんが育児休暇に突入。なじみの美容師さんが不在なことで美容院からはますます足が遠のき、髪の毛は伸びる一方……。ついに腰まで届くほど長くなってしまったのです。

そんなとき、学生時代の同級生がセルフカットをしていたことを思い出しました。とてもおしゃれな彼女は、美容院に行かず自分で髪をカットしていると言っていました。セルフカットは彼女のように器用でセンスのある人がすることで自分には無縁と思っていた私ですが、今回の非常事態を前に、セルフカットができたらどんなに良いだろうと考えるようになりました。

友人が「動画を参考にしてみたら」と言うので、YouTubeで検索。すると数々の動画が出てきました。不器用なので不安がよぎりましたが、髪が長いのだから失敗したら束ねれば良いやと開き直って試すことに。髪がペタンコになりがちなのが気になっていたので、サイドにレイヤーを入れてふんわりさせたヘアスタイルを目指して、セルフカットに初挑戦することにしました。

動画と同じようにカットしているのに…

ダイソーでヘアカット用のはさみを買って来て、まずは参考にする動画選びです。美容師さんの作った動画が良いと思い、1つ選んで再生しました。動画のとおりに髪をブロッキングしたり、はさみを縦に入れたりして、苦戦しつつもどうにか終了。しかし、仕上がりは理想とはまるでかけ離れていました。左右の長さも違うし、夫からは「落ち武者みたい」と言われる始末。仕方がないので髪を束ねて過ごし、1カ月後に再挑戦しました。

前回とは違う動画を5つくらい見てからカット開始。1回目よりはマシになったもののやはり何かがおかしく、またしてもしばらく束ねて過ごすことに……。3回目でようやく、顔を真っすぐにしているつもりでも実はどちらかに傾いており、そのせいで左右均等に切れないのだと気付きました。そこで、カット時にそれを意識するようにしたところ、左右の差についてはほぼ改善することができました。

そんなふうに試行錯誤しながら、大体1カ月に1回ペースで数カ月間セルフカットを繰り返しました。そのうちに美容師さんが作った動画以外も見てみたいと思うように。そして、再生回数の多い動画を中心に見ていって、ある1つの動画にたどり着いたのです。

ありがたや…私にもできたレイヤーカット

その動画はゴム1本で簡単にレイヤーカットができるというものです。私の苦手とするブロッキングが簡単にできるように工夫されており、これなら私でもうまくレイヤーが作れるかもとテンションが上がりました。

動画によると、まず前かがみになり、髪の毛を前に持ってきて頭の前側で1つにまとめます。おでこのすぐ上でポニーテールを作るイメージです。そうすると、髪の毛の束が必然的に顔の前に来るので、そこで髪の毛をチョキチョキ。束ねた状態の髪の毛を目で見ながら切ることができるので簡単でした。次に、いったんポニーテールを解き、耳の上端ラインよりも上の髪の毛をすべて取って同じようにおでこの上で束ねて切りました。最後は、またいったんポニーテールを解いてから、耳上約3cmのラインよりも上の髪の毛をすべて取って同じようにおでこの上で束ねて切りました。

三段階に分けて切ることで長さに変化が付き、レイヤーが入るという仕組みです。所要時間は約40分と思った以上に簡単な上に仕上がりも自然で感激! レイヤーを入れた部分は、髪の内側からドライヤーを当てたり、ヘアアイロンで巻いたりするとふんわりとしてボリュームアップもできました。

まとめ

この動画を見てからはセルフカットが楽しくなり、カラーも自宅でするようになりました。カットとカラーでいつも1万円以上かかっていた美容院代が浮いて、経済的にも大助かりです。それに、セルフカットならわざわざ美容院の予約を取る必要もなく、思い立ったときにできるのもうれしいポイント。でき栄えは美容師さんとは違うかもしれませんが、自分なりに納得できていて節約になって何より楽しい! 40歳を過ぎて初めて挑戦したセルフカットでしたが、今の私には良いこと尽くめなので、これからも続けていきたいと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

髪のお悩みカテゴリの最新記事