アラフィフの今こそラジオ体操。懐かしくも新しい体力アップの方法【体験談】

アラフィフの今こそラジオ体操。懐かしくも新しい体力アップの方法【体験談】
ラジオ体操

ラジオ体操といえば、子どものころの懐かしい夏休みの思い出の一つ。そのラジオ体操が、新たに注目されているようです。運動は健康にいいことはわかっているけれど仕事や子育て、介護などで、時間が充分に取れないという方。そんな方々と、家で手軽にできて、お財布にも体にもやさしいラジオ体操の楽しさを共有できたらと思います。

めぐりめぐってラジオ体操にたどり着き、喘息や腰痛が改善

子どもが生まれると、自分の時間はなかなか持てないものですね。運動なんて夢のまた夢。私の場合は、出産後に喘息を発症し、子育てで腰を痛めてしまったこともあり、健康のためにも運動をしたいと強く思っていました。やっと子どもが幼稚園に通うようになり、始めたのが「水泳」。その後、遠くのプールに通うのが大変で、近場の太極拳教室にしばらく通いました。しかし予算的に厳しくなり断念。子どもが中・高校生となって、時間ができた一方で、お金がかかるようになったからです。

運動不足を憂いながら過ごしていたある日、テレビからラジオ体操の懐かしい音楽が聞こえてきました。早速やってみると体はポカポカ、終われば爽快な気分に! 朝、少し時間を作れば、気軽にできる運動がこんな身近にあったとは思いもしませんでした。その日からNHK Eテレの「テレビ体操」を見ながら運動することが日課となりました。番組はラジオ体操第一、ラジオ体操第二とみんなの体操を組み合わせて、10分間放送されます。子どもが社会人となり、自分が仕事に復帰してからも、無理なく続けて約10年。たまに休む日もありますが、毎朝6:25から10分間の体操を続けています。気がつくと喘息の症状が軽くなり、腰の痛みも気にならなくなりました。

ラジオ体操あれこれ。歴史もあって奥深い

一般的に、まとめて「ラジオ体操」と呼ばれていますが、「ラジオ体操第一」「ラジオ体操第二」「みんなの体操」の3種類を指している場合が多いです。かんぽ生命のHPによると、ラジオ体操は約90年の歴史があり、昭和3年に国民保健体操としてラジオ体操第一が、昭和7年に青壮年向けに第二が作られ、平成11年にみんなの体操がすべての人のために作られたそう。みんなの体操の動きは、ご高齢の方などもできるようにゆったりとしていますが、ここが効く!という感覚が明確で、今、私の中では一番のお気に入りです。

ラジオ体操第一、第二はそれぞれ13個、みんなの体操には8個の動作があり、それぞれ立ったまま、座ったままバージョンがあります。かんぽ生命のHPでは、全種の動画と、全動作のポイント、効果がわかりやすく解説されていて例えば第一の④の動作「胸を反らす運動」は、「正しい姿勢をつくり、呼吸器官の働きを促進」する効果があるとのことで、喘息持ちの私は自然と気合が入ります。意味を考えて体の部位を意識しながら、「動く」ではなく「動かす」こと。改めてラジオ体操は奥深いと感じました。

参考:かんぽ生命保険 https://www.jp-life.japanpost.jp/health/radio/

現代的なラジオ体操アプリもあります!

子ども会で配られたカードに、思い思いのヒモをつけ、スタンプ欲しさに通った夏の朝。これは1970年代の光景ですが、ラジオ体操は、今や、時も場所も選びません。

例えば、好きなときに好きな場所でやりたい人のためのラジオ体操アプリ。NHK公式や、来栖川電算の「毎日体操」などがあります。後者は、先生を選ぶなど遊び心満載で、腕の動きを認識してレポート化もしてくれます。客観的な評価が得られるのは、大きな魅力ですね。

ラジオ体操をコツコツ楽しく続けるには

ここで、ラジオ体操を楽しく続けるための、私の工夫を紹介したいと思います。いつもはひとりですが、大勢でやる催しにときどき参加しています。これはとてもよい刺激になります。去年は、市主催の「元気にラジオ体操教室」に参加。数年前には、ラジオ体操に参加すると、健康マイレージが貯まり商品券と交換できるという、健康とお得が組み合わさった試みもありました。

ほかに、かんぽ生命HPから印刷したラジオ体操出席カードにスタンプを押しているのですが、こうすると懐かしい気持ちになります。また、番組「テレビ体操」については、その時代のトレンドを取り入れた体操ウエアの変遷が見られ、長く続けているからこその楽しい気づきもありますよ。

まとめ

ふと目にとまった番組「テレビ体操」から、ラジオ体操ライフが始まり、はや10年。おかげさまで、体調は上向きです。これからもアプリ、大会や催し、出席カードなどを活用しながら、自分なりのラジオ体操ライフを楽しみたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事