抜け毛、ボサボサ対策に奮闘中!アラフィフ的ロングヘアとの付き合い方【体験談】

抜け毛、ボサボサ対策に奮闘中!アラフィフ的ロングヘアとの付き合い方【体験談】

アラフィフになると、抜け毛や白髪に加え、髪の毛が細くなる……など、髪の毛の悩みが増えてくると思います。そんな悩みを抱え、周りの友達がどんどん髪を短くする中、あえてロングヘアをキープ中の私。維持するのが大変だと感じることも多いですが、やはり気に入っているロングヘアともう少しお付き合いしたいと奮闘しています。

ロングヘアの抜け毛対策は必須

ロングヘアの場合、1本抜けると数本抜けたような毛の量になり、ただでさえ抜け毛が多くなってきたと感じるアラフィフ女性は焦りを感じることもあるかもしれません。実際に私も、抜け毛や頭頂部などが少し気になってはいるのですが、まだロングヘアを楽しみたいので、抜け毛などは極力防ぐように努力しています。

具体的には、頭皮の汚れができるだけ落ちるように、シャンプー前にまず炭酸シャンプーで地肌を洗ったり、週に1度はホホバオイルでマッサージをしたりしています。そして、シャンプー時にはゴシゴシ洗わず、地肌や髪の毛も含め全体をやさしく洗います。その後のコンディショナーは、髪の毛をとかすような感じで、全体に、そして特に毛先に、しっかり塗り込みます。シャンプーとコンディショナーは、若いときに使っていたものより少し値は張るけど、栄養成分が豊富に入っているものやエイジングケア用のものをたっぷりと使っています。やはり、液の濃度や伸び、しっとり感なども全然違うので、アラフィフに合ったものを選ぶようにするのが良いと思っています。

パサパサ、ボサボサ髪にはひたすら保湿を

ロングヘアは特に髪の毛の範囲が広い分、パサパサ、ボサボサだと余計に印象が悪くなります。年齢的にも、昔のようにつやつやにキープすることは難しく感じますが、でもアラフィフでもできることはあります! ヘアケア用品選びも大事ですが、使い方にも一工夫。

例えばコンディショナーは、髪の毛につけてすぐに流すのではなく、つけた後にシャワーキャップをかぶって少し時間を置いて蒸らすと、よりしっとりとします。特別なトリートメントも週に1回か2回、取り入れてみるのもGOOD。洗髪後は、髪の毛をこすりすぎないように気をつけながらタオルドライをし、その後はヘアオイルなどを髪にしっかりつけ、髪の毛を保護します。

また、私は髪の毛を乾かした後の仕上げにボディクリームを少しつけるのですが、これがより髪をしっとりさせてくれたり、良い匂いが気分を良くさせてくれたりするので、とても気に入っています。今はボディとヘア、どちらにでも塗れるクリームが流行っているので、そういったものをいろいろ試してみながら、保湿を心がけています。

ロングヘアはファッションツールの一つ?

私の中では、ロングヘアはファッションの一部のような感じがします。例えばバレッタやクリップ、ピンやゴムなどで束ねるだけで印象が違いますし、多様なアレンジも可能です。ダウンヘアで片耳だけ髪の毛をかけたり、髪の毛を片側にすべてまとめてみたりしても雰囲気が変わります。洋服に関しても、フェミニンなものも似合いますし、いろいろ幅も広がるような気がします。

また、髪の毛を手入れすることで鏡に向かう回数が増えるので、肌の手入れや化粧にも自然に気を遣うようになったように思います。人のパッと見はまず髪の毛にいくことも多く、ロングヘアは印象に残りやすいと思うので、できるだけロングヘアを生かせるようにしたいと思っています。

まとめ

アラフィフになると、おしゃれを楽しむのも面倒くさくなりがち。ですが、自分好みにキマった髪の毛を見るだけでうれしくなったり、誰かに「きれいなウェーブが出てるね!」と言われただけでとても気持ちが上向きになったりすることもあるかもしれません。髪の毛の状態を考えると、たしかに更年期以降のロングヘアの維持は大変かもしれませんが、私はアンチエイジングの一環として、もう少しロングヘアを続けてみたいと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

髪のお悩みカテゴリの最新記事