運動も食事制限もなし!気になるぽっこりおなかに効いたのは!【体験談】

運動も食事制限もなし!気になるぽっこりおなかに効いたのは!【体験談】

コロナ禍の自粛期間中、通っていたフィットネスジムが休業となり、仕事も交代勤務で出勤日が半分に。家にいる時間が長くなり、ドッカリ座ってテレビやスマホを見ていることが増えていきました。そして気付けば、アラフィフになったころから気になっていたおなかのぽっこり感が一段と増しているではないですか! これは代謝が下がってきたアラフィフだからだとあきらめていいの? いやいやなんとかしなくては!と立ち上がった私の体験談です。

母の体験にヒントあり!

ぽっこりおなかをどうにかしたくて思い出したのは、自粛期間に入る少し前の母の様子でした。年とともにぽっちゃりしてきた母の体型がなんだかスッキリしていたのです。「やせた?」と聞いてみると、ごぼう茶のことを教えてくれました。テレビの情報番組で紹介していたごぼう茶を作って飲み始めたら便通が良くなって、体重が減ってきたそうです。特に食事制限も運動もせず、体調も良好とのこと。

そのときの私は少し興味を持ちましたが、購入するとお金がかかるし手作りするのは面倒くさそうでハードルが高いなと聞き流していました。でも、今は自粛期間で前より時間もあるし、何よりこのぽっこりおなかをなんとかしたい! 早速母に電話をして作り方を教えてもらいました。

意外と簡単!ごぼう茶の作り方!

ごぼう茶の作り方はいろいろあると思いますが、母はテレビの情報番組で見た作り方を実践していて、それを教えてもらいました。

まず、ごぼうを洗って皮付きのまま、ピーラーでささがきにします。それをザルに入れて、カラカラになるまで1〜2日天日干しします。そのあと、フライパンで20分ほど焦げる寸前まで乾煎りします。乾煎りが少し面倒な場合は、天板にオーブンシートを敷き、乾燥させたごぼうを広げて、180度に予熱したオーブンで3~5分焼くと簡単だそうです。これも焦げる寸前までなので、本当に焦げてしまわないように様子を見る必要があるとのこと。

この乾燥ごぼうをお茶パックに入れてひと煮立ちさせたら、ごぼう茶のでき上がりです。作れるときにたくさん作って、密封容器に入れて冷蔵庫で保管します。そうすると1カ月くらいは日持ちするそうです。

驚き!おなか周りがマイナス1.5cm!

急須に入れて、緑茶のように飲むこともできますが、私は大さじ1杯の乾燥ごぼうをお茶パックに入れて1~1.5リットルくらいのお湯で煮出しています。乾燥ごぼうやお湯の量はお好みで変えられます。焦げる寸前まで煎っているので、思ったよりごぼう臭さがなく、香ばしく甘みもあっておいしいです。これを毎日、麦茶や水代わりに飲み続けると、23日で便通が良くなってきました。

もともと便秘症ではなく、1~2日に1回は出ていました。でも、2~3年前くらいから、出ていてもまだ腸に便が残っているような気がして「出た! 」という爽快感が減ってきていました。それがごぼう茶を飲み始めて1日1回どころか、朝晩、1日2回出る日が増えたのです。しかも腸の中に便が残っているという感覚がほとんどなくなり、腸がスッキリしてきた感じがしました。

特に食事制限をしていませんでしたが、再開したフィットネスジムで計測したら、おなか周りが約半年前と比べてなんと1.5cm減っていたのです。アラフィフともなると現状維持だけでも難しいのに、マイナスになっていたなんて本当にうれしかったです。

まとめ

市販のごぼう茶もたくさんあります。でも、手作りだとコスパも良く、思ったよりも簡単にできました。ぽっこりおなかに何が効くかは人それぞれだと思いますが、私や母の体にはごぼう茶が合っていたのだと思います。まだまだおなかのぽっこり感は否めませんが、少しだとしてもおなか周りがマイナスになったことはうれしいものです。これからも引き締まったおなかを目指して、ごぼう茶を作って飲み続けたいと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事