アラフィフ、人生最後のダイエット。半年でマイナス20kg!【体験談】

アラフィフ、人生最後のダイエット。半年でマイナス20kg!【体験談】

運動大嫌いのおいしいもの好き。お菓子の新商品は必ず食べたい、飲食店がオープンすれば行かないと気が済まない。そんな食いしん坊のアラフィフでした。気が付けば20代のころのスリムだった体型はどこへやら。今では高血圧、脂質異常症(高脂血症)……。このままじゃ命が危なくなるかもしれないと思い、人生最後の気持ちでダイエットにチャレンジしました。結果、半年間で20kgのダイエットに成功! 食事、筋トレ、仕事と悪戦苦闘した記録の、ほんの一部をご紹介します。

ダイエットに必要なもの、それは正しい知識

学生時代は誰よりもやせていて、それがコンプレックスでした。しかし、社会人になるとあれよあれよという間に太ってしまい、今では街を歩いてショーウィンドウに映った自分を見て、がく然とする日々を過ごします。

そんなある日、友人のすすめで大手ジムの無料カウンセリングを受けました。運動嫌いの私が筋トレなんてできるわけない、ジムに通うお金も時間もない! そう思ったのですが、私よりもビッグだった彼女がキレイに、そしてスリムになった姿を見て、「私にもできるかもしれない」と勇気を出してジムに行き、トレーナーからカウンセリングを受けることに。結果、そこで知ったのは、これまでダイエットだと思ってやっていたことは、勘違いだったということがわかりました。

例えば、炭水化物を抜くために主食の代わりに食べていた春雨や、おなかの持ちを良くするために食べていたレンコン、ビタミンと酵素を摂るために食べていた果物など、ダイエットに良かれと思って食べていたものはすべて糖質ばかり。糖質制限どころか、太る食材ばかり口にしていたのです。糖質が少ない食べ物はなんなのかをしっかりと勉強してから、食事制限と筋トレを始めることになりました。

まずは自分の体を知ることが大切

今はテレビやネットなどで情報がたくさんあり、ダイエットもいろいろな方法が紹介されています。そのなかでどのダイエットが自分に合っているのかを選ぶには、まずは自分の体を知ることが大切のようです。

ジムのトレーナーのアドバイスでは、私の場合、運動不足もさることながら、基礎代謝が低いことが太る原因になっているとのこと。実践したいことは、①夜型の生活習慣を朝型に変える、②睡眠は6時間以上取る、③夕食は20時までに済ませる、④朝食でしっかりたんぱく質を摂る、⑤水を2L飲む、⑥週に2回の筋トレと有酸素運動をするという、この6つだそう。

そして「今の体型はこれまでの習慣の結果です。でも、今日からこの習慣を変えれば体型は変えられるのです。一生リバウンドしない体を手に入れてください」というアドバイスをトレーナーからもらいます。このひと言で、半年間で約80万円を支払い、筋トレと食事管理をお願いすることを決心しました。

筋トレと食べ物のことばかりを考えた半年間

ジムでは、年齢や性別、運動経験の有無、目標数値によって食事の摂取カロリーを設定してくれます。私の場合、1日のカロリーは約1,000kcal。これを、朝:昼:夕=3:5:2(=約300:500:200kcal)に分けて摂るように言われました。

糖質を1日100g以下にするために、ご飯、パン、めん、いも類、根菜、果物は全部しばらく抜くことに。もちろんお酒もNGです。たんぱく質は1食に25g摂るように、とのことでした。どのくらいかというと、サラダチキン1パックにゆで卵1個というイメージです。たんぱく質を消化させる効果があるというブロッコリーが朝と昼の主なメニューで、飽きないようにカレーパウダーや七味で味を変えて食べます。

サラダチキンの代わりに豚しゃぶ、さば缶に変更する日もありました。夜は豆腐と納豆とキムチがメインで、おなかがすいたら焼きのりをバリバリ食べて過ごします。筋トレは、スクワットとラットプルダウンというメニューを中心に1回50分。さらに有酸素運動のため、自転車こぎ30分。ジムに通うのは週2回ですが、毎日寸暇を惜しんで半年間自主トレに励みました。なぜ頑張れたのか、それは「頑張ってますね」とトレーナーに褒めてもらいたかったからです。

まとめ

ジム通いはお金がかかりますし、時間も必要です。ジムに通うべきかどうか、迷う方も多いと思います。ジム通いは子どもの学習塾に似ていると、私は思います。自分でしっかり勉強ができて、成績もそこそこなら塾に行く必要はありません。でも、勉強の仕方がわからない、習慣がない、誰かに指導や管理をしてもらわないと成績が上がらない状態ならば、お子様の通塾を検討すると思います。それと同じように、自分で体の管理ができない、管理する方法がわからない私の場合は、ジムに通ってよかったと思います。私はそれで半年間で20kgもやせることができました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

あなたの体験談も教えて! 抽選でギフト券進呈

あるある!と思わず共感&読めば心が軽くなる!!大人気マンガ連載中!

大人気マンガ連載中 大人気マンガ連載中
  • 孫ラブおばちゃん
    五十路日和
    夫と2人暮らし。3児の母で、6歳の孫を溺愛中のおーちゃんさんによる50代の日常をつづるマンガ連載「五十路日和」
    おーちゃん さん
  • クセの強い夫とアラフォー女子の日常
    デブス女の修羅場
    ブロガーのぷよ子さんによる、年上の夫との赤裸々な日常を描いたマンガ連載「デブス女の修羅場」
    ぷよ子 さん
  • 日々、老化を実感中!
    熟女系
    物忘れがひどくなってきた40代熟女のフワリーさんによるマンガ連載「熟女系」
    フワリー さん
  • 人生に無縁だと思っていたがんに…
    私、大腸がんらしい
    2020年5月に大腸がんが判明した、おさしみ1番さんの体験を描いた連載マンガ「私、大腸がんらしい」
    おさしみ1番 さん
  • 若いころとのギャップが!
    アラフォー絵日記
    アラフォーとなり20代、30代との違いを実感する日々をつづったマンガ連載「アラフォー絵日記」
    村澤綾香 さん
  • ステキなおばあちゃんを目指す!
    ときめけ!BBA塾
    マンガ家・イラストレーターの和田フミ江さんがステキなおばあちゃんを目指すマンガ連載「ときめけ!BBA塾(ばばあじゅく)」
    和田フミ江 さん
  • クスッと笑えるアラフィフのリアル
    アラフィフの日常
    イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんによる、アラフィフ女子の日常についてのマンガ連載「アラフィフの日常」
    フカザワナオコ さん
  • 看護師として、母としての日々
    看護師でシングルマザーな私の話
    自閉症スペクトラムの息子を持つシングルマザー。看護師として日々働く日常を描く連載マンガ「看護師でシングルマザーな私の話」
    まゆん さん
  • ダイエットや美容に奔走
    キレイな40代になりたい
    ママイラストレーターのきびのあやとらさんが、ダイエットや美容などアラフォーならではの課題を解決するべく奔走する連載マンガ
    きびのあやとら さん
  • 私の記録が誰かのために
    乳がん絵日記
    2021年に乳がんが判明し闘病を続ける、こほこさん。自分の治療経験をつづったマンガ連載「乳がん絵日記」
    こほこ さん
  • アラフォーならではのあるある!
    アラフォー店長のつぶやき
    雑貨店で店長として働くオムニウッチーさんがつづるアラフォー女子ならではのあるあるマンガ連載「アラフォー店長のつぶやき」
    オムニウッチー さん
  • いろいろ気にして日々戸惑う
    アラフォーの気にし過ぎな毎日
    人付き合いが苦手で、いろいろ気にし過ぎなアラフォーのあさりさんによる連載マンガ「アラフォーの気にし過ぎな毎日」
    あさり さん
  • 老眼になっても息子の成長は見逃さない
    40代親バカ母
    高齢出産のダメージを残しつつ、息子と走り回れるよう体力作りに邁進中のきりぷちさんが描く連載マンガ「40代親バカ母」
    きりぷち さん
  • くそ地味だけどハッピーな日々
    くそ地味系40代独身女子
    30代半ばで離婚して実家に出戻りした、40代独身マンガ家の大日野カルコさんによるマンガ連載「くそ地味系40代独身女子」
    大日野カルコ さん
  • アラフィフの身に起こること
    アラフィフ雑記帳
    アラフィフ母の身に起こる日常を絵日記にして紹介するマンガ連載「アラフィフ雑記帳」
    フィフママ さん
  • ポンコツな40代の日常
    40代ポンコツ街道
    ブロガー時々イラストレーターの中村こてつさんによる、加齢で加速するポンコツな日常を描く連載マンガ「40代ポンコツ街道」
    中村こてつ さん
  • 更年期のもろもろをゆる~くつづる
    脱力系ゆる更年期日記
    更年期イラストレーターのやましたともこさんによる、更年期のもろもろをゆる~くつづったマンガ連載「脱力系ゆる更年期日記」
    やましたともこ さん
  • メンタル弱めです
    40代豆腐メンタル
    豆腐並みに崩れやすいメンタルなかめまるさんによる、日常の何げない笑える日常を描いた連載マンガ「40代豆腐メンタル」
    かめまる さん
  • 腎がんの記録をつづる
    43歳で腎がんになった話
    3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガ連載「43歳で腎がんになった話」
    マメ子 さん
  • 乳がんの治療記録
    40歳独身で乳がんになりました
    40歳で乳がんの告知を受けた島野たみこさんの、乳がんの体験を描いたマンガ連載「40歳独身で乳がんになりました」
    島野たみこ さん
  • アラフォーならではのアレコレ
    アラフォーだもの
    体力の衰えがシャレにならないエッセイマンガ家&イラストレーターの小豆だるまさんがつづるマンガ連載「アラフォーだもの」
    小豆だるま さん
  • めっちゃ更年期やん、私
    私、もうすぐ閉経します
    パート保育士として働く二児の母、自己肯定感ゼロのみりんぼしさんによる連載マンガ「私、もうすぐ閉経します」
    みりんぼし さん
  • 36歳でチアダンス講師に!
    44歳チアリーダー
    イラストレーターであり、チアダンスの講師でもあるサトウユカさんによる元気になるマンガ連載「44歳チアリーダー!」
    サトウユカ さん
  • アラフィフ母の日常
    生まれて半世紀
    気付けば生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさんによる連載マンガ「生まれて半世紀」
    月野まる さん
  • こじらせ女子がアラフォー婚
    アラフォー女子が10年ぶりに恋をした
    エッセイマンガ家のかとひとさん。恋愛こじらせアラフォー女子のかとひとさんが結婚するまでのマンガ連載。
    かとひと さん
  • 彼氏なし!アラフォー独身女子
    アラフォーオタク女子
    自称、永遠の中二病オタク、彼氏なしのアラフォー独身女子のコメコパンさんによるマンガ連載「アラフォーオタク女子」
    コメコパン さん
  • 体のあちこち気になるお年ごろ
    ナナイロのアラフォー
    体のあちこちが気になるようになってきたイラストレーターのナナイロペリカンさんによるマンガ連載「ナナイロのアラフォー」
    ナナイロペリカン さん
  • 40代の日々をつづる
    40代ダイアリー
    13歳&9歳子鉄兄弟の母で、日々のささいなできごとなどをマンガにしている山田黒蜜さんのマンガ連載「40代ダイアリー」
    山田黒蜜 さん
  • 闘病をゆる~くつづる
    子宮頸がんゆる闘病記
    ライターのとりだまり まどさんが弱音を吐きつつゆるくつづる、子宮頸がんの記録「子宮頸がんゆる闘病記」
    とりだまり まど さん

体形のお悩みカテゴリの最新記事