イライラや不安感…40代の私の心を癒してくれたお茶とは 【体験談】

イライラや不安感…40代の私の心を癒してくれたお茶とは 【体験談】

40代になり、家事や仕事で無理をしたくても体と心がついていかないことが増えました。思うようにできないことから、イライラしたり不安を感じたり。気持ちが不安定になって、つい家族に八つ当たりしてしまうことも……。自分でも良くないとわかっているのに抑えられないのです。そんな苦しい状態の私に癒しのひと時を与えてくれたのが、しょうが入りのお茶でした。そもそもしょうがは冷え性の私にとって欠かせない食材。今回は、このしょうがについて語ります。

しょうが入りのお茶がくれた癒しの時間!

私は30代後半からずっと、保温ができる350mlのマイボトルに温かいお茶と小さじ1杯のすりおろしたしょうがを入れて飲んでいます。もともと20代から冷え性対策としてしょうがを積極的に摂ってきたのですが、毎日手軽にしょうがを摂るにはこれがベストだと気付いてからは、午前と午後に1回ずつマイボトルが空になるペースで、約10年間毎日欠かさずしょうが入りのお茶を飲んできました。

最近の私は、40代半ばとなって若いころのように動かなくなってきた体にイライラしたり、コロナ禍による自粛生活でイライラしたりと、ストレスMAXの状態でした。家族が皆1日中家で過ごすことが増えたせいで、余計な家事が増えたり腹の立つことが増えたり。心と体がどんどん追い込まれていくのを感じていました。

そんなイライラし通しの私を救ってくれたのが、以前から冷え性対策で飲んでいたしょうが入りのお茶です。どんなにイライラがたまっても、これを飲むとスーッと気持ちが落ち着く気がしました。心も体もほっこりと温まって「あ~、癒される……」としみじみ感じられました。

しょうがと相性のいいお茶とは

これまでにしょうがと一番相性が良いのはどのお茶かを知りたくていろいろ試しました。まずは王道の紅茶としょうがの組み合わせ。この組み合わせは認知度が高く私も最初に試しましたが、クセがなくて飲みやすかったです。

ほかにも緑茶、ほうじ茶、玄米茶も試しました。どれもしょうがと合っていましたが、私は抹茶入りの緑茶にしょうがを混ぜるのが一番気に入っています。渋い緑茶にしょうがの風味が加わって、とても合うんです。人それぞれ好みはあると思いますが、私の場合は緑茶にしょうがを入れる飲み方が一番おいしく感じます。

お茶で!料理で!しょうがを摂取

しょうがは血流を良くしたり代謝を活発にして体温を上昇させたりするので冷えの改善に効果があるとして有名ですが、そのほかにも免疫力のアップなどにも効果があるようです。たしかに私もしょうが入りのお茶を飲むようになってから、以前より風邪をひかなくなった気がします。

しょうが入りのお茶が好きで毎日飲んでいる私ですが、実はしょうが料理も大好き。特に好きなのが豚のしょうが焼きです。甘辛いたれとしょうがの辛みが絶妙にマッチしていておいしいです。また、イソフラボンたっぷりの冷ややっこにすりおろしたしょうがを乗せて食べるのもお気に入りです。

ただ、しょうがは摂り過ぎると胃腸の表面を荒らして腹痛や肌荒れの原因になったりもするそうです。生のしょうがであれば1日5~10g、スライスなら6枚、すりおろしたものなら小さじ1程度といった適量を心がけながらしょうが料理のレパートリーを増やして、お茶だけでなく料理でもしょうがを楽しんでいきたいと思っています。

まとめ

そもそもは冷え性対策のため、簡単に毎日しょうがを摂るために飲み始めたしょうが入りのお茶でした。しかし今は、心や体が疲れたときに癒してくれる大切な存在になっています。今後も規則正しい生活を送るよう心がけると同時に、しょうがを適度に毎日の食生活に取り入れて、なるべくイライラをためない生活を送っていきたいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事